逆転裁判4 第4話も無事に終わってエンディングを迎えました、祝クリア!
個人的には初めての「逆転裁判」だったわけだけど、普通に面白かったように思う。

黒歴史とか評価されてるのは、やはり過去作と比べてのことなのでしょう、言わずもがな。
特に比較対象もなくプレイする分には、それなりに楽しめて悪くないんじゃなかろうか。

かく言う自分は、発売当初には早々に投げ出したものだけど、
この手のゲームって面白く感じるまでに多少の時間が必要だしねぇ、ダンガンロンパしかり。

Read More →

Pocket

逆転裁判4 第3話に入り、今回はオドロキくん自らが被害者を発見しちゃったようで、
案の定「探偵役」を成り行きでやらされることとなる弁護士さん、なかなか辛いですな。

で、まだ遺体が転がっている中で、その周辺を色々と調べるわけだけど、
なんだか妙に音楽がほのぼのしていて調子が狂ってしまう(2話でも音楽鳴ってたっけ?)

そして、ミヌキちゃんだけじゃなくアカネさんまでも一緒になって調べる場面では、
若干会話がコメディチックになっちゃうから、これでいいのか!? と思わなくもないや。

Read More →

Pocket

逆転裁判4 最近、たまたま生配信で「逆転裁判」をしている人を見掛けて、
「そういえば自分も昔買った記憶があるなぁ」と思い、ゲーム棚を探してみると4を発見!

ついでにネットで評判を確認してみたら、「黒歴史」というワードを見て更に驚愕!
そっかー、発売当時なんとなく買ってみた初めての逆転裁判は黒歴史扱いになってたのね。

一体どういう意味合いで黒歴史になっているのかが、逆に気になってしまう今日この頃。
その当時、自分には合わなくてすぐに投げ出したので、ほぼ初見という感じでプレイしてみよう。

Read More →

Pocket

fate01 トップメニューにラストエピソードとやらが解放されていたのでサクッと見ておいた。

なにやら晩年の士郎が、自身の参加した聖杯戦争およびセイバーに思いを馳せる内容らしい。
ま、簡単に言ってしまえば、セイバールートのダイジェスト版なのかな?

名シーンを改めて見せてくれるので、「あぁ、こういうことあったね」とこれはこれで悪くない。
ただ、BGMが桜ルート最後の言峰戦で流れた曲なので、微妙にミスマッチに感じてしまった……。

Read More →

Pocket