慟哭01 本作って、謎解きを覚えてしまえば1周するのに短時間で行けるものの、さすがに何周も同じことを繰り返していたらダレてきちゃったので、今回のノーマ・ルートで終わりにしよう

あと1人、先生ルートがまだ残っているけど、他ヒロインよりかは需要が少ないだろうから、それほど問題はないんじゃなかろうか(事件の深部に関わってもいないし)

ヒロイン全員が犯人と因縁があるとかだったら、まだヤル気が出るんだけど、そうじゃないからなぁ……(とはいえ、ヒロイン7人中6人はやったので十分過ぎるとは思う)

Read More →

慟哭01 前回、いつみルートをクリアしたので、今回は青木さんルートを進めてみよう。本来なら、千砂ルートと言うのだろうけど、主人公が一貫して名字で呼んでいるからそちらの方がしっくりくるね。

てか、主人公は青木さん以外のヒロイン全員に対し名前呼びしているのに、なぜ青木さんだけ名字なんだろう? その辺がちょっと謎と言えば謎かもしれない。

先生ですら名前で呼んでいるのになぁ。どこか、青木さんに対してだけは誠実さを見せたい願望でもあったりなかったり??(まあ、彼女が一番真面目そうではあるけども)

Read More →

慟哭01 前回で、主要人物3人が終わったので、今回はなんとなくいつみルートを進めてみよう(青木さんとも迷ったけど、次に回すかな)

なんというか、さすがに4人目ともなると、同じ謎解きの繰り返しがそれなりに作業感を覚えてしまい大変だ。大局的な流れだけ見ると、クライマックス以外はどのヒロインも大体一緒だしねぇ……。

それぞれのヒロインと同行するイベントによって違いを見せているといった感じだろうか? それを楽しみにサクサクっと進めていくほかない。

Read More →

慟哭01 梨代、子鈴ときて、今回は華苗ちゃんルートへ突入! さすがに周回を重ねてくると、それなりに効率よく立ち回れるのでRTAでもやってる気分になってくるものだ。

探索とかも、段々と必要最低限のところしか調べなくなってくるし、それはそれで慢心して取りこぼし等が結構怖いですな。

実際、前回ロープを取りこぼして、それがどこにあったか全く思い出せず、しばらく悩まされるという事態に陥ったしね……。1つ1つ完璧に覚えているわけじゃなので、これは仕方がない。

Read More →