ファイナルファンタジー零式 なんとなくWikiで第7章の「実践演習」を調べてみると、その数の多さに驚愕してしまった。
結構多いなぁ、12個? 推奨レベルはひとまず置いておくとして、時間的に大丈夫なのだろうか?



もしや、「金の砂時計」等が必須だったり?? とか思ったりしていたけれど、
いざ7章の自由時間になってみると、2回で合計12日以上も猶予があって更に驚かされたものだ。

あれ、1周目でもこんなに時間があったんだっけ、全くもって記憶にないんですが……。
こんなの1周目だと持て余してしょうがなかっただろうなぁ、何をして時間を潰していたのやら。

Read More →

LINEで送る
Pocket

ファイナルファンタジー零式 第4章の「クリムゾン」は、皇国の街を探索した後、部屋には戻らず雪山へ向かうわけだけど、
それでも、ストーリー的にはしっかり女王暗殺の嫌疑を掛けられてしまうのですね……。

一応、部屋には戻っていないんだから、アリアが銃撃される必要もないというのに、
そこも変わらずやられてしまっている模様。どうあっても同じ未来に収束するというわけか。

この辺、ちゃんとストーリーが分岐するようになっていたら完璧だっただろうに、非常に残念。
でも、そこまで望むのは贅沢というものか、本作ってPSPのゲームなわけだし。

Read More →

LINEで送る
Pocket

ファイナルファンタジー零式 前回、本編をクリアしたということで、引き続き2周目へ突入しました。
マルチプレイ等はもう出来ないからアイテムコンプは無理だけど、やれるところまでやっていこう!

で、さっそく第2章から、2周目要素であるミッションコード「クリムゾン」を選択していけるらしい。
推奨レベル的にまだこちらの方が高いものの、敵物量とかが如実に増えていてなかなか大変だ。

1周目と同じようなステージでも全然違うミッションだから、結構新鮮味があって悪くないですな。

Read More →

LINEで送る
Pocket

ファイナルファンタジー零式 なにやら7章にて「飛空艇」が取れるらしいので、さっそくサイレントヤードとやらに突入!
(初見プレイ時でも取ったような記憶があるけれど、1周目だったかは定かではない)

結構SFチックな場所ではあるものの、皇国もある種こんな感じだからそれほど驚きはなかった。
やっぱり、ここの飛空艇もシドの遠い祖先(1000年前)が建造したりしたんだろうか?

船名「セッツァー」からはFF6をどうしても想起させられるけれど、
FF6の飛空艇にシドは全く関わっていなかったような……、まあ細かいことはどうでもいいか。


Read More →

LINEで送る
Pocket