アルスラーン戦記 11巻 (※表紙絵はクバートだけど、今回は1コマも登場していないという謎仕様)

アルスラーン自らが軍を率いて、ついに王都エクバターナへ進軍! なんだか若干クライマックス感を覚えるけど、そんな簡単に奪還出来るとは思えないし、まだまだ物語は続くのでしょう、たぶん。

殿下陣営の兵数は約10万、そしてルシタニア軍(パルス国内限定)は約30万とのことで、中世ヨーロッパっぽい世界観を鑑みるに、さすがにこれは兵数多すぎません!? と思わずにはいられない。全体の人口だってそんなに多くないだろうになぁ……。

(実際の中世の戦争は、1000人以下のものが多かったらしいし、大国ですら2万程度しか動員できなったっぽいんですが……)

Read More →

LINEで送る
Pocket

進撃の巨人 28巻 ザックレー総統退場により、兵団の統率はピクシス司令がやっていくことになったわけだけど、彼による「エレンに降参しよう、これはもうワシらの負けじゃ」発言に驚かされてしまった。

マジですか!? まあ、内部で争っている暇なんてこれっぽちもないもんなぁ。世界の軍隊による大攻勢が迫っている中、現状エレンらの「地鳴らし」に頼るしかエルディア国存続の道はないわけだ。

意外にピクシス司令は大局を見ることが出来る人なのね、と少し関心していたのも束の間、そこにはやっぱり真っ黒な「裏」があったらしく、ほんと食わせ者としか言いようがない嫌ぁ~な人物だぜ、まったく。

Read More →

LINEで送る
Pocket

真月譚 月姫 10巻 もうロア戦は終わっちゃったので、10巻は総じてエピローグという感じですな。志貴もまた学生としての日常に戻っているようだし、多少の脱力感が無きにしも非ず。

高校がバトルの舞台となったから一部校舎が倒壊したわけだけど、世間的にはどういう風に事を収めたのだろう? その辺がちょっと気になってしまう。耐震強度が云々かんぬんってことになったんだろうか。

たぶん、その辺はシエル先輩というか、教会が裏で根回ししたのだろうなと想像に難くないです。「Fate/Zero」でもそんな描写があったことだしね。


Read More →

LINEで送る
Pocket

真月譚 月姫 9巻 前巻から引き続き、アルクェイドVSロアが繰り広げられているわけだけど、そこに志貴が割って入ってきたもんだから、さあ大変。

ほんと死に損ない状態みたいなものなので、足手まといにしかならないのは火を見るより明らか。10%の勝ち目をゼロにしてしまう不安要素しかないと思うのですよ。

そこでアルクェイドが、ロアと刺し違えるつもりで「空想具現化」を発動! こ、これは一体どういう能力!?(文字通りの意味なのか何なのか) 「固有結界」的なやつなんだろうか? ロアの体を人形程度の大きさにして爪でひと掻きし、爆裂四散させてしまった。

Read More →

LINEで送る
Pocket