戦ヴァル01 どうにも急激にモチベーションが下がってきてしまった「戦ヴァル3」
ユニットの育成要素が割と薄めということもあってか、いまいちハマり切れない感覚。

戦闘システム的にはすごく面白く感じるんだけど、“積み重ね”というのがあまり無いからなぁ。
プレイスキルは上がっていくものの、「わしが育てた!」感をもっと感じさせて欲しいわけで……。

上記のようなものを求めてプレイしていると、ふいにダレてきてしまい大変です。
せめて訓練は全体にではなく、個別であったならまた違った感想を持っただろうに、少し残念。

Read More →

Pocket

戦ヴァル01 8章へ突入! なんかリエラが露骨にスキンシップを図ってくるようになってきたぞー!
おいおいおいおい、他の隊員に見られたらどうすんの!? 噂とかされたら恥ずかしいじゃないか。

でもまあ、彼女からしたらようやく“自分の居場所”と言えるところを見付け、
気軽に弱音を吐いていける相手も見付けることが出来たわけだし、これは仕方がないとは思う。

「1人で寒さに耐えるのが当たり前だった」という独白も妙に切ないので、幸せになってもらいたい。
(ちなみに、クルトよりリエラの方が1歳年上という事実、これは少し意外だったかも)

Read More →

Pocket

戦ヴァル01 7章へ突入! 話には聞いていたけど、このタイミングで水着回とかあるのですね、結構早い。

まあ、ストーリーが進むにつれてシリアス度が増していくのだろうから、
こういった明るい話は後半に回せないので、早めにやってしまおうという事なのでしょう。

で、ここでまさかの分岐イベント、リエラとイムカのどちらかを選べだと!?
どちらにすべきか……、とは特に迷うことなく、普通にリエラを選択! 今の所リエラ派なのでね。

Read More →

Pocket

戦ヴァル01 イムカの断章。どうしてもイムカと手合わせしてみたいアニカがあの手この手で奮闘するも、
いつだって無い無いづくしで全く相手にされないなど悲しみに包まれたストーリー冒頭。

そんな中で、「次の戦場でどちらが多く敵兵を倒したかで勝負だ!」と勝手に押し切るアニカ。
いやぁ~、こんな限りなく個人的な勝負事で命を取られる敵さんがちょっと可哀想なんですが……。

「戦争はゲームじゃないんやぞ!」と言いたい衝動に駆られてしまうものの、
戦争をモチーフにしたゲームをプレイしている自分には言う資格が全くなくてモヤモヤが募る。

Read More →

Pocket