うたわれ01 仮面の力を使ったウォシスにより、ヤマトにたくさんの異変が起きてしまったわけだけど、
そのウォシス自体がもはや仮面の力とは逸脱した異質な存在に成り代わっていて衝撃が走る。

そもそもが、人々の願いを悪意ある方法で叶えて回っている時点で普通ではない。
これがストーリー上で時折語られていた、大神ウィツァルネミテアってやつですか!?

でも、真の仮面の“コピー”によって変化したので、これも偽者というか出来損ないなのかも。
ウォシス自身も真人ではなくクローンだったわけだし、何もかもが“まがい物”ですな……

Read More →

Pocket

うたわれ01 ウォシスも再起不能となり、残りのストーリーはヤマトの国としての機能を安定させ、
ハクは自身の身の振り方をクオンと共に考えていく流れかなと思っていたというのに、
まさかウォシスが再びマスターキーを手にして、やる気を出しちゃうとは思わなかったなぁ。

もう一波乱あるわけか、まあウォシス自体とはまだ戦ってもいないので、さもありなん。
なにやら仮面の力までをも解放したようだし、これは一筋縄ではいかなそうだ。

なおかつ、いつぞやライコウが使った「真の仮面のコピー」を使ったんでしょ?
ウォシスは曲がりなりにもミカドのクローンだもんね、とんでもない力を持つのは言うまでもない。

Read More →

Pocket

うたわれ01ウォシス「そう、私は帝(ミカド)を超えるのです。
      私がこの国の、いいえ、この世界の民を導いていく!」


そっかー、ウォシスの目的は、ミカドのようにヤマトの民を導いていくだけじゃなく、
この世界の全ての民を導いていくことを目指していたわけか、なるほどね。

民から崇められたいのか、はたまた優越感に浸りたいだけなのか……。
ゲームで例えると、文明発展をテーマとした「シヴィライゼーション」を地でやりたいのかもなぁ。

Read More →

Pocket

うたわれ01前回、ライコウを撃破し、ついに念願であった帝都の奪還を果たしたオシュトル達。

黒幕はほぼ確定したけれど、この時点でオシュトルらは気付いていないから、
またしばらくは日常パートかな? と思いきや、突如ミカドに呼ばれてヤマトの地下へ。

ミカド生きてたんかーーい! ドラゴンボールのメディカルマシーンみたいなので治療中らしい。
ここで改めてトゥスクル侵攻の真相が語られ、人類救済に必要な“ある物”の存在について言及。

Read More →

Pocket