デモゲ01 再びカッスルとともに、城の異変の調査へ赴いた主人公一行。
そこで、柳生十兵衛と同じく別の世界から飛ばされてきたという魔女キルケーと遭遇。

まーーーーーーーーーーーた、異邦人かぁ。
なにやら世界の理をひっくり返すため、“新しい神”を召喚しようとしているらしい。

なぜ馬鹿の一つ覚えのごとく、すぐに神を呼び出そうとしちゃうの?
なんか本編のシナリオと同じような感じなってきて、ちょっとガッカリなんですが……。

【スポンサードリンク】


「(召喚を)止めにきてみる? うふふ、来るんでしょ?」とか、ノリがすごく軽く感じるし、
一気にストーリーが陳腐に感じ始めてきてしまった、ヤバイ。


ま、そういった気持ちを抱えつつ、新ダンジョンである「深海神殿」を潜る潜る。
アスタルトがザコ敵化してたり、首刎ねウサギも登場するなど、いよいよ大詰めという雰囲気。

ザコ戦でもクロスフィックスをしていかないと、普通に事故りそうで非常に怖いものだ。


そんなこんなで、M・ウラヌス戦へ突入!
デモゲ02 開幕グランドクロスで後衛2人撃沈というのを2連続でやらかしたので、リセットしてやり直し。

とりあえず、速攻でマジックブレイクをしてみたら回避できるようになったので良かった良かった。
でも、魔法だけじゃなく普通に物理も強いから、定期的に盾でかばいきれずに事故っちゃうね……。

言うまでもなく、防御も硬い上にHPも多い。
しかし、他デモンに比べてシードを呼ぶ頻度が少なかったので、ボス単体に注力して何とか撃破!


続いて、M・プルト戦。なんだか、やけに防御が低く感じるデモン。
普通に9999ダメージが入るし、シードを倒してしまえば後は楽々撃破できたように思う。


さらに、M・コメット戦。「コメットなんて楽勝でしょう♪」とか思っていたら痛い目を見た。
シードの火力が高いし、コメット自体も混乱付与の21回ヒット攻撃とかしてきてキツいです。

もちろん、反撃持ちのデモン。ただ、防御が低目だというのがせめてもの救いですな。


そして、ついに異変の元凶(?)であるキルケーとバトル!
デモゲ03 (これが漫画家・萩原一至さんがデザインしたというボスなのかな?)

大津波で全体に約400ダメージ、そして取り巻きのザコによる猛攻。
この辺の開幕攻撃に耐えてボス単体に出来さえすれば、そこまで大変ではなかったかも。

何気に「痛み返しの呪法」とかいうカウンター攻撃を持っているっぽいけど、
他の敵デモンの反撃と違って、盾役がかばってくれるようで少し驚いた。

まあ、普通にM・ウラヌスを倒せる戦力があれば、問題なく撃破できる敵さんな気がする。


よし、終わった!とか思っていたら、まさかの連戦で驚愕!! 心の準備が出来てませんて。
デモゲ04 トゥルバディルスとかいう魔神、取り巻きの増殖が早い上に回避が高過ぎて攻撃が当たらねぇ。
こちらの回復に追われながら相手にデバフを掛けるとか、全然追い付いていかないんですが……。


今の戦力では明らかに無理ゲーだね、これ。

またトレハンしにいくしかないのか? と思ったけれど、なんかもうダレてきていたし、
さっさとクリアしてしまいたいという思いから、「神の手」戦法で行くことに決定!

(ここまでで一度も使っていなかったから、一応6個ほど倉庫に入ってました)


そうと決まれば、さっそくトゥルバディルスと再戦。
初ターンから「神の手」を使って、状態異常と魔法攻撃をシャットダウン

いやぁ~、言うまでもなくめちゃくちゃ楽になるものだわ。
相手のバフを打ち消すことだけ意識して、後は殴ってれば勝てちゃうんだもん。

ズルして勝利した気分が無きにしも非ず。でも、こういう時にしか使い道がないアイテムだしねぇ。
“デモゲ疲れ”したから早くクリアしたい、そういう時に使うのが「神の手」だと思うんだ。

(てか、結局「神の盾」「神酒」もほとんど使わず終いだったものだ、エリクサー症候群)


というわけで、エンディングに突入。
デモゲ05 十兵衛さんは元の世界へ帰還するらしい。
再び次元の壁を超える際に、身体が再変換されて性別も元に戻るんだそうな。

結局、柳生である意味はあったんですか? と、強く言いたくなってしまう。
ランスローナさんと眼帯繋がりという理由で、柳生十兵衛を出してきたということなのかなぁ。

ほんと本編のシナリオよりも、だいぶ陳腐に感じてしまったものだ(期待外れもいいとこ)
ベニーなにがしさんファンの方は、これで満足できたのだろうか? その辺が気になる。


あと、ゲームの方はもうちょっとだけ続くみたいです(ストーリーは無さそう)
僕はもうお腹一杯になっちゃったので、これにて終了。

ちなみに、パーティの平均LVは70程度、プレイ時間は追加シナリオだけで約23時間でした。


デモンゲイズ2
デモンゲイズ2
posted with amazlet at 16.10.17
角川ゲームス (2016-09-29)
売り上げランキング: 445


Vita「デモンゲイズ2」プレイ感想(15)、邪眼の女剣士さんの素性が発覚!まさかの女体化に翻弄されるのみ(柳生斬魔録)

Vita「デモンゲイズ2」プレイ感想(14)、M・ユピテルの強さに絶望感を覚えた&武器属性の重要さに今更ながら思い知る(柳生斬魔録)






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation