ドラクエヒーローズ01 今回から「ドラゴンクエストヒーローズ2 双子の王と予言の終わり」をプレイしていきます。
個人的には久々のドラクエなので、期待と不安がない交ぜになっている感じだろうか。

堀井雄二さんのシナリオはあまり好きじゃないんだけど、
今回はドラマ「相棒」の脚本家の方が原案を担当しているらしいので、少しワクワク。

さすがに“おつかいストーリー”の連作みたいな感じはならないだろうと思いたい(希望)
(ドラクエ6以降は上記のようなイメージがあるので、苦手意識が有ったり無かったり)

【スポンサードリンク】


で、初めに主人公を選ぶことになるわけだけど、女性の方の“テレシア”をチョイス。
なんだか雰囲気的に、ドラゴンボール初期のブルマに似ていて可愛いです。

男主人公の“ラゼル”もカッコイイんだけど、なんかちょっとモブっぽく見えるんだよね……。
ここでもドラクエ・男主人公の地味っぷりが踏襲されているみたいですな。


アクションの方は無双とだいたいコマンドが同じなので、すんなり入り込めた。
ドラクエヒーローズ02 ただ、キーコンフィグというものが存在せず、キータイプを選ぶことになるので、
「防御」をLボタンor画面タッチの二者択一しないといけないから、なかなか辛いものがある。

無双をやる時は、必ずRボタンに防御を設定している人間なので、その辺が結構もどかしい。
とりあえず画面タッチで防御&カメラリセットにしたけれど、早く慣れなければ。


そんな中で、敵のワラワラ感はVita版でも申し分ないほどワラワラしていて素晴らしい。
というか、ちょっと多過ぎない? と思ってしまうレベルなんじゃかろうか(グラも悪くない)

無双と違って、敵を殲滅するまで倒さないといけないんだよねぇ? 基本的には。
そうなってくると、そのうち作業に感じてこないか心配かもしれない。


それから、最初のボスであるおにこんぼう戦
ドラクエヒーローズ03 まだ、チュートリアルも兼ねての戦闘っぽかったので、
ダメージを受ければホミロンが回復してくれるという過保護っぷりだったから楽勝でした。

しかし、大量のザコを相手にするだけでなく、こういった巨大な敵と戦うのも楽しいものだね。
ガチャプレイではなくて敵の攻撃パターンを覚えつつ戦うというのが、なかなか小気味よい。


てな感じで、物語の方は姉御肌なオルネーゼさんをパーティに迎えたところまで進行中。
ドラクエヒーローズ03 なにやら、主人公らの出身国であるジャイワールが、
友好国のオレンカに侵攻してきてさあ大変という流れになっているらしい。

(なんか人間がモンスターを率いていたけれど、そういう世界観になってるの?)

攻められたオレンカの方は、ジャイワールとの友好を保ちたいようで、
その仲立ちを宗主国であるゼビオンに願い出るため、主人公ら3人が旅に出発! という塩梅。


これからフィールドMAPに出れるみたいだから、探索が非常に楽しみです。




ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり
スクウェア・エニックス (2016-05-27)
売り上げランキング: 8






【関連記事】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation