ドラクエヒーローズ01 今回起こった一連の事件の真犯人を突き止めるため、クレティアという国へ向かう主人公一行。
その道中、“魔族の森”に踏み入ったところ、ここでまさかのハッサン&テリーと鉢合わせ。

彼らがモンスターの味方をしてるとか、どういうこと? と思ったり翻弄されまくる。

なにやらテリーがバトルレックスに懐かれたとか言っていたけれど、
確かドラクエ6でも彼らに関連したイベントがあったような……、ちょっと記憶があやふやです。

【スポンサードリンク】


そして、なんだか一方的に誤解を受けたまま、ハッサン&テリーとバトルをすることに!
ここまでモンスターとの連戦が続いている中での戦いなので、非常に緊張を強いられるものだ。


今回、主人公を使わずに何となくマリベルで挑戦
ドラクエヒーローズ02 完全に遠距離型のキャラなので、これまでとは操作性も変わってくるので新鮮で面白い。
ルカナンなど補助魔法も使えるし、プレイヤーが補助に回るというのも悪くないですな。

ただ、このハッサン&テリーがめちゃくちゃこちらばかり狙ってくるので大変だった。
何のための遠距離型なんだ? と、ちょっと思わずにはいられなかったわけで。

前衛で戦っている皆さんは、もっとヘイトを稼いでくれないと駄目だわ……
人間VS人間の場合、近接型のキャラを使用して戦わないと結構キツいかもしれない。


その後、お互いの誤解も解けて、予想通りにハッサン&テリーがパーティイン!

「俺達は迷子で、お前達の中にも同じ境遇のやつがいるんだな。なら俺達も連れってくれよ」
といった感じのことを言われてアッサリ仲間になりました。なんか単純だなぁ……。


それから、無事にクレティアに辿り着くも、牢屋に入れられたところをミネアに助けられたり、
女王に雇われたマーニャと戦うことになったり怒涛の展開
ドラクエヒーローズ03 マーニャ戦で、さっそくハッサンを使ってみたけれど、これがなかなか厳しかった……。
やはり見た目通りにスピードが遅めということもあって、全く対処出来ませんでした、無念。

そもそも回避の移動距離自体が短いし、これはスキルで成長させてからじゃないと大変過ぎる。
ここに至るまでのモンスター相手だとさほど問題はなかったものの、VS人間では厳しいね


まあ、マーニャ自体のスピードが早い上に、一発一発の攻撃が重いというのもあったし、
要するに、現時点では戦う相手を間違っていたということなのでしょう(ハッサンでは)


世界樹の葉が残り1個となったところで見切りをつけて、主人公に切り替え無事に撃破!
ドラクエヒーローズ04 なんやかんやあって、マーニャが女王を裏切り(?)姉妹2人が仲間になりました
ちょっと仲間が増えるペースが早過ぎません? わずかな間で4人も増えちゃったじゃん。

別に増えてもいいんだけど、装備品を買い揃えるのが大変なんですが……。
武器がそこそこお高いので、非常に悩ましいものだ(贔屓を作らず満遍なく使いたいのに)


というわけで、サクサク仲間が増えて、サクサク攻略も進んでいくので、
物語もすでに中盤辺りに入ってたりするのかなぁ?(全体像が見えてこない)

思いのほか深みのない物語だこと。まあドラクエらしいっちゃドラクエらしいけれど。




ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり
スクウェア・エニックス (2016-05-27)
売り上げランキング: 8


Vita「ドラゴンクエストヒーローズ2」プレイ感想(2)、トルネコらが仲間に!& モンスターコイン使用を前提とした戦闘バランスになってきた?

Vita「ドラゴンクエストヒーローズ2」プレイ感想(1)、DB初期ブルマに似ている“テレシア”で開始!敵のワラワラ感も申し分ないよ






【関連記事】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation