剣街01 セールで1000円になっていたので思わず購入してしまいました。
これまでに無印版を2回投げ出しているというのに、懲りないな自分よ……。

なぜ投げ出したかというと、異様なまでに育成がダルく感じるんだよね、あくまで無印版は。
敵エンカは低いし、「待ち伏せ」を何度も利用するにもダンジョンの出入りが必要なダルさの極み。

で、新釈となって、どう変更・改善されたかをWikiで確認してみると、
「敵エンカ率UP」、「待ち伏せで消費する士気量の調整」が入っていて、キタコレとなった次第です。


【スポンサードリンク】


やっぱり、この辺にしっかり調整が入ったということは、
無印版で不満に感じた人が少なくなったということなんだろうねぇ? たぶん。

自分の感覚は間違っていなかったんだ! そう信じたいものだ。
(でも、完全版など出さず、調整できるところはアプデで調整してもらいたかったかも)


で、さっそくプレイ開始!
剣街02 なにやら新クラスも複数追加されてはいるけれど、
スキルを確認してみると他クラスとの組合せで本領を発揮するタイプっぽいので華麗にスルー。

個人的には、転職を繰り返して万能キャラを作ってしまうのが大嫌いなタイプなので、
ここはオーソドックスなメンバーで無転職のまま攻略していきたいとは思う。

(ファイター、ナイト、サムライ、レンジャー、ウィザード、クレリックというパーティ)


それから、墜落現場での血統種戦前に、キョウさんから新要素「ガードカウンター」を習得!
さっそく実戦で使ってみたら結構強くて驚いてしまう。確定で「気絶」というのは非常に強いな。

盾役の育成が進んでくるとあまり出番はなくなってきそうな予感がしないでもないけど、
ボスのタイプによっては盾役がかばい切れないケースもあるから、臨機応変に使うと良いのかも。


そんな中で、無印では出てこなかった新キャラ女性も登場!
剣街03 「黒衣の女」さん、一体何者なのだろうか?
正直、剣街のストーリーって、中盤以降よく分からなくなるのであまり期待はしておりません。

話によれば、エクスペリエンスの他作品をプレイしていないと理解出来ないものらしいし、
サブならともかくとして、ストーリーの本筋にこういう要素を入れないで欲しかったものだ。

正統続編と銘打っているのならあれだけど、完全初見の人間は置いてけぼりを食らってしまう…。


てな感じで、現在は純血晶を1個づつ3陣営に渡して、新ダンジョンが解放されたとこまで進行中。
今回、経験値が貰えるアイテムやステータスUPアイテムが導入されるなど、地味に嬉しいですな。




新釈・剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~ - PS Vita
Posted at 2018.6.26
PlayStation Vita
エクスペリエンス


Vita「デモンゲイズ2」プレイ感想(1)、イベントなど前作より進化は感じるもののダンジョンが狭くなったのが痛い

Vita「剣の街の異邦人」プレイ感想(1)、雰囲気自体は素晴らしいけど使いまわしっぷりが目に付く







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation