剣街01 新釈となって、ステータスアップ・アイテムが追加されたようだけど、
そんな簡単に手に入るものじゃないんでしょ? と思いきや、比較的ゴロゴロ手に入って驚愕!

なんだか、この点一つ取っただけでも無印版より遊びやすくなってるなと感じるものだ。
「もう何レベル分得したんだ?」と思えるくらい、ステUPアイテムの恩恵が凄いことになっている

サムライなんかでも、ひとまず二刀流を完成させるためにAGI重視で上げていって、
次点でLUCかな、という感じのはずなのに、アイテムのおかげでSTRまで上げていける素晴らしさ。

【スポンサードリンク】


無印版をやり込んだ人からしたら、新釈は結構ヌルく感じるんじゃないのかなぁ?
まあ、そのための血統種戦における「討伐チャレンジ」なのかもしれないけれど。

逆に本作から始めた人で、「剣街って簡単じゃん、チームラ史上最高難度じゃなかったの?」
という方は、さっそく無印版を手に取ってそのダルさを堪能しようぜ!


そうこうしているうちに、アンナの死亡フラグを無事確認
剣街02 この一連のイベントがあることを鑑みて、キャラメイク時にポートレイトをアンナのやつを選択し、
アンナ主人公でゲームを開始しようかと一瞬思ったりもしたけれど、さすがに止めておきました。

彼女が退場するまで、「自キャラと自キャラが喋ってる!!」状態に陥ってしまうのでね……。
(ポートレイト内に主要人物が混ざってるとは知らずに使い、驚いた人が少なからずいそうな予感)


続いて、「地下死街」に突入! 毒まみれゾーンが最高に面倒くさ過ぎる。
毒ダメ無効の装備を5つGETしたものの、1人分足りずに大変な思いをさせれてしまった。

無印版だと毒ダメ無効の装備なんてなかったような気がするけれど、
新釈版ほど苦労した記憶も全くないんだよね、不思議なものだわ(ダメージ量が違ったり?)


そして、ダンジョン最深部にてラミッタ&デスドラゴンとバトル!
剣街03 このバトルの前にもボスと戦うという連戦となっているので、
さすがに事故が怖かったということもあり、「討伐チャレンジ」無しで普通に戦いました。

Lv23での挑戦、かな~り危なげなく撃破出来たように思う。
ラミッタがこちらの魔法効果を掻き消してくるのがウザいだけで、後は問題なかったかも。

無印版の時はLV21くらいでも楽に倒せたし、そりゃあ23もあれば簡単だとは思う。


というか、無印では頑張ってレベル上げして21に対し、今回は普通にプレイして23だからなぁ。
やっぱり、本作ってだいぶ育成が楽になったものだよね、この辺はほんとビックリさせられてしまう。




新釈・剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~ - PS Vita
Posted at 2018.6.26
PlayStation Vita
エクスペリエンス


Vita「新釈・剣の街の異邦人」プレイ感想(2)、“討伐チャレンジ”のせいでレベルが用を成していない件、やはりトレハン重視のゲームデザインか

Vita「新釈・剣の街の異邦人」プレイ感想(1)、セールだったので思わず購入!無印版の不満点は解消されてます?







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation