デモゲ01 ついにアステリア城へ突入することになったわけだけど、流れ的にこれがラストなのかな?
と思っていたら、ほんとにラストダンジョンだった模様。

前作も最後はお城だった思うし、オペアビなんかも最後は宮殿とかだった記憶がある。
まあ、ラストは敵の本拠地へなだれ込むのがセオリーだから、さもありなん。

(とはいえ、城内が最序盤に探索した物の使いまわしなのが、否が応でも気になってしまう)


【スポンサードリンク】


しかし、さすがにラスダンともなると、MAPが広かった。
でも、広いだけで複雑さはないから、探索自体はかなり楽だったように思う。

エンカしてくるザコ敵も最初は「硬い!そして強い!」と思ったものだけど、
戦っているうちにこちらもLVアップするから、段々と普通のザコレベルに感じてくるんだよね。

(やっぱり、難易度けしずみだと取得経験値も多いので、そこまで苦労しない気がする)


それから、伏星殿にてついにマグナスターとバトル!
デモゲ02 常駐魔法を掛け忘れて戦闘に突入してしまったものの、そんなの何ら問題なく弱かった。
クロスフィックスが4回中3回入ったので、ほとんどフルボッコ状態

主なダメージソースがドラコによる“プロヴィデンス”なんだけど、
その一発で2200くらいはダメージを与えられるので、ほんとに素晴らしい火力ですわ。


その後、ついに黒幕の存在が姿を現すことに!
デモゲ03 謎の少年エリクが、実はマグナスターの娘であるエリシアだったと発覚。

いやぁ~、正直ずっと胡散臭いやつだなぁとは思っていたけれど、
まさか女の子だったとは思いも寄らなかったものだ(中性的な雰囲気は醸し出してたけど)

確か「マグナスターの娘が生き返った」云々の噂が劇中にて語られていたわけだし、
まっさきにエリクを疑ってしかるべきだったのかもしれない、なるほどなるほど。


ま、このエリシアも、もともと悪者だったというわけではなく、
蘇らせみたら、何か別の恐ろしいものに心を支配されていたという事らしい。

この“恐ろしいもの”こそが、マグナスターが召喚しようとしていた新たな神なのでしょう。
聖なる神を呼び出そうとしたら、邪神を呼び出してしまったという展開はよくある話かも。


そして、その邪神であるフロム・ジ・エルゴとバトル!
デモゲ04 取り巻きがいる状態がそれなりに大変で、主人公とカプリコーンが1回づつ死んじゃったけど、
ボスだけになってしまえば、後はかなり安定して戦えたように思う(初見で撃破)

盾役・主人公が落ちた時は、スコーピオンにミラージュをさせておけば庇ってくれたし、
クロスフィックスも結構効いてくれたので、何気に大活躍したスコーピオン。

相変わらずドラコの火力が素晴らしいので、ボスがHPを5000回復しようが全く影響なかった。
(どうでもいいけど、もうちょっとラスボスのデザインは何とかならなかったの?)


ちなみに、以下はラスボス撃破時のレベルと装備させていた神器


・主人公LV45(狩人の目、デバインボディ、パリィ)
・ドラコLV35(ホーリーガード、アストロフォース、プロヴィデンス)
・カプリコーンLV45(二刀流、ファイナルガッツ、斬り込み 参連)
・スコーピオンLV38(シャドーステップ、ミラージュ、レイジングヒット、クインティユーズ)
・キグナスLV44(マナコレクト、マジックエンハンス、ファストアイテム、ファストマジック)


なんやかんやで、神器って良いシステムだなと改めて感じてしまう。

剣街とかだと転職させて万能キャラという名の無個性キャラが作れてしまうわけだけど、
本作においては同じ神器は手に入らないシステムだから、個性を残せるのが良いと思うんだ。

(正直、同じユニークアイテムも複数手に入れられなくてもいいのにと個人的には思う)


というわけで、けしずみプレイにて約47時間でクリア!
デモゲ05 世間的にというか、チームラ・ファンの間からはストーリーの評判がよくないらしいけれど、
個人的にはそれなりに楽しかったです(結構ベタな要素もあったものの、概ね良し)

ダンジョンRPG好きからすれば、ストーリーがあまりに長いのが耐えられなかったとのこと。
この手のジャンルはストーリーが有ってないような作品の方が多いだろうからなぁ……。

ま、物語もダンジョン探索も両方楽しみたい自分には合っていた作品だったのかもしれない。
(発売前は、タッチ要素などに「うわぁ……」とか思っていたというのに、変われば変わるものだ)


ただ、やっぱりダンジョンMAPの狭さには不満を持たざるを得なかった
狭いとおのずと探索難易度もヌルくなってしまうので、達成感なんてまるでないんだよね。

探索に短い時間しか掛からないから、結局LV上げとトレハンに時間を掛けなくては仕方ない。
ほんとは探索と同時にLV上げ等も出来るのが理想的なのに、分けてやるのがめんどくさいぜ…。

(あと、以前の記事でも書いたけど、敵デモンの強さにバラツキがあり過ぎて、
 ゲームバランスはお世辞にも良いとは言えないんじゃなかろうか。キャラデザは段々慣れる)


それにしても、あの姉妹が、ド○○ンではなく“ま○う”の娘だったとは少し驚いたなぁ。
マグナスターがしきりに「魔王の手先」と言っていたのは、あながち間違いじゃなかったのか。

マグナスターは姉妹の素性を知っていたということなの? その辺が気になってしまう。




デモンゲイズ2
デモンゲイズ2
posted with amazlet at 16.10.17
角川ゲームス (2016-09-29)
売り上げランキング: 445


Vita「デモンゲイズ2」プレイ感想(9)、お馴染みの水中エリアでドラコをゴリ押し撃破!&マグナスターの発言が意味深過ぎる

Vita「デモンゲイズ2」プレイ感想(8)、いくつか新事実が判明し翻弄されるばかり&スコーピオンをパーティイン









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation