ルフラン01 今回探索してきたのは「アストルム王国」という名のコビトの国
まさに“ガリバー旅行記”を彷彿とさせて、おとぎ話的な雰囲気がなかなか良かった。

しかし、この王国も井戸の中にあるんだよねぇ? 当然ながら。
一体どういった構造になっているのやら……、井戸の中に入ると空間転移しちゃうとか??

そういった部分が今ところ全くの謎になっている模様。いずれ明かされる時がくるのかな。

【スポンサードリンク】


そういえば、今回に至ってはストーリー的な進展もほとんど無かったように思う。
ドロニア様の真の目的であるとか、ルカとの関係性とかが気になって仕方がない。

その辺を臭わす程度でも教えてくれてれば、もっとモチベが上がると思うんだけどなぁ。


そんな中で、ドロニア様から「小隊の結魂書」とやらを貰いました。
ルフラン02 ついに大人数パーティを組んでいけるようになったっぽい。
でも、キャラの管理が大変そうなので、個人的には少人数でプレイしていきたいんだよね。

なので、とりあえず各職業1人づつ作成することにして、現状6人パーティで進行することに。
今のところ火力は十分足りているので、キャラを増やす必要性をまだ感じないかも。

(ま、大人数というのが本作の醍醐味の1つではあるのだろうけどね)


それから、ダンジョン最深部にてボスとバトル!
ルフラン03 道中のザコが弱かったのでなめてかかったけれど、ペコリーノさん結構強かった
全体攻撃で230~400くらいのダメージだったので、なかなかの痛さ。

予備動作があるので防御すればいいものの、すぐには発動しなかったりタイミングが狂わされ、
割と回復に追われる感じだったかもしれない(魔法だけじゃなくアイテムもフル活用)

でもまあ、なんとか初見で撃破。
後で思ったけれど、リインフォースで攻撃&防御を強化すべきだったなぁ……。


そして、魔法使いペコリーノさんの“成れの果て”が、かな~り辛い。
ルフラン04 そっかー、道中に出てくるザコ敵の巨人兵も、普通サイズの人間を改造したものだったわけか。
コビトにとってキョジンは、単なる家畜と同等ということなのかもしれない、酷い話だ……。




ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
日本一ソフトウェア (2016-06-23)
売り上げランキング: 131


Vita「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」プレイ感想(2)、序盤からレアリティの高い装備が手に入りやす過ぎて戦闘がヌルい(カンパニュラ)

Vita「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」プレイ感想(1)、ドナムがカヴン依存という事実に愕然!ダンジョン構造自体は好きな部類かも








Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation