ルフラン01 ルカによる“ドロニア様お誕生日大作戦”には、ちょっとウルッとさせられてしまった。
てっきり最悪な結末を迎えてしまうのかと思いきや、逆に機転を利かすドロニアおばちゃん。

さすがに情が移ったという感じなのかもしれないなぁ。
段々と2人が仲良くなっていくというか、ドロニアが心を開いていく様が小気味よい。

しかし、ルカが「おばちゃんは栗が好きなんです!」とか言っていたのに、
当の本人は栗という存在を知らなかった(?)のが少し不可解なんですが。何かの伏線?

【スポンサードリンク】


それと、ルカにプレゼントされた母親のペンダント。これって形見とかなのだろうか?
当然、ルカの母親も魔女なのだろうし、このペンダントも伏線の臭いがプンプンするぜぇ。

(どうでもいいけど、ネルドがロ○コンだったとはね。薄々感じてはいたけども……)


というわけで、今回は「深緑のフェーヌム」というダンジョンに潜って来ました。
今度はこちらがコビトのようになった状態で大自然を探索。
SFの名作『地球の長い午後』を彷彿とさせられて、なかなか感慨深かったかも。


前回かなりレベルが上がったということもあってか、探索自体はサクサク。
でも、最深部のボスが激強でかなり大変だったように思う(シビレコバチ戦)
ルフラン02 純粋に火力がとんでもないボス。1000ダメージとか普通にやってくるんだもんなぁ。
今までにない強さで、急に難易度が跳ね上がってません? と思わずにはいられなかった。

とにかく相手の攻撃をどう耐えるかに掛かっているので、
現状出来る事といえば回避アップくらいしかなかったから、それ頼みの戦法。

それでも死にまくりだったけれど、アイテムで生き返らせつつカツカツの状態で撃破しました。
結構な長期戦になったので、DPも尽きてダメージソースはほぼ殴るのみだったかも……。


いやぁ~、ほんとに強かった。正直な話、先が思いやられるとしか言いようがない。

もしかしたら、大人数パーティ前提の難易度になってきているのかもしれないけれど、
僕としては1職業1キャラという自分ルールで、やれるところまでやっていきたいものです。


それから、少し前に言及されていた魔女フルネラ登場
ルフラン03 てっきり、ドロニア様くらいの年齢をしているかと思いきや、見るからにチビっ子で驚いた。
まあ、魔女ともなると、年齢と姿形が比例するものではないのだろうけどね。

なにやらフルネラはバーバ・ヤーガの命令で、ずっとドロニアを監視していたらしい。
そして、彼女を含めたバーバの弟子24人がルフラン市にやってくるとのこと。

物語的には大変なことになっているけれど、他にどんな魔女がいるのやら楽しみなんですが。


そして、ついにバーバ・ヤーガ本人も登場!
ルフラン04 ただならぬオーラが出ている婆さんだこと。まさに魔女といった容姿をしているものだ。
現状、バーバに従うしかやりようがないドロニア様。大切な“鍵”も相手に渡ってしまう。

何というか、彼女らの目的は薄っすら分かってきたものの、
手に入れようとしている物の“具体的な用途”が分からないので、モヤモヤが増すばかりですな。

ほんと物語が急展開という感じで、俄然面白くなってきた。先が気になって仕方がない。




ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
日本一ソフトウェア (2016-06-23)
売り上げランキング: 131


Vita「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」プレイ感想(4)、ストーリーが盛り上がりを見せ始める&ネルドにモヤモヤ(メルム)

Vita「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」プレイ感想(3)、小隊を組めるようになったけど少人数で進めたい&ペコリーノさん結構強かった(アストルム)








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation