ルフラン01 突如描かれたドロニア様“魔法学校時代”の回想シーン。
周囲から目の力を恐れられ、逆にいじめの対象となっている若い頃のドロニア(ヴェルニア)

そんな中で出会ったのが、同じく目の力を持ち周りから一目置かれるイサラという存在。

ドロニアに対し自分に忠誠を誓わそうとするも、
物理で殴られ(返り討ち)、逆に彼女を気に入ってしまう変わり者という感じですな。

【スポンサードリンク】


この殴られ時、イサラが「ギャー!」って言ったのを聞いてハッと思ったけれど、
まさかこのイサラがルカの母親だったりするのかなぁ?(ギャー以外共通点ないけどね)

でも、イサラって学生時代に亡くなっているっぽいので、ルカの年齢的に厳しいか……。
ルカってせいぜい6歳くらいだろうし、ドロニアの外見年齢とも辻褄が合わないような。

ちなみに、この回想シーンでは“影の薄い生徒”という金髪赤目のキャラもいて、
この子も一応ルカと髪色が共通しているんだよね、なんだかちょっと気になってしまう。


それから、ドロニア様がパン屋のメイリィに刺される事件が勃発するなど驚愕!
ルフラン02 これも“惚れ薬”に端を発して起きたことなので、
ドロニアの責任半分&逆ギレ半分という感じで何とも言えないですな。

「まあ、一度くらい(?)痛い目にあっても仕方ないのかも」とか思いつつ進めていたら、
まさかそのままドロニア様死亡でデッドエンドになり、スタッフロールが流れて衝撃でした。

まさにポカーンとさせられる状態というのがしっくりくるね。
(これって、ダンジョン内の選択肢によって物語が分岐したりするのだろうか?)


その後クリアデータを作り、それをロードして始めると刺されるのを回避した状態から再開。
しかしながら、色々あってドロニア様の見た目がメイリィの姿になるとかキツいっすね……。


とはいえ、その姿が功を奏し、まさかまさかのバーバ・ヤーガ暗殺に成功!
ルフラン03 え、そんな簡単に退場しちゃうわけ? いやいや、まだ絶対どんでん返しがあるに違いない。
その遺体を例の井戸に捨てちゃったわけだし、何か起こっちゃいそうな予感しかしないものだ。

ちなみに、バーバに止めを刺したのは修道女のマリエッタさん。彼女の今後も気掛かりだわ。


そんなわけで、ここまでストーリー部分しか語っていないけれど、
もちろんダンジョンの方も潜ってまいりました。「三領主の塔ウンブラ」というところ。

(ほんとはダンジョンのことも色々書きたいのに、ストーリーが濃いもので……)

地上と地下を合わせて10層もあるなど、なかなかの長さだったかもしれない。
ダンジョン構造自体は大したことないものの、物理的に時間が掛かるんじゃなかろうか。


そして、ダンジョン最深部にて、キングアリスとバトル!
ルフラン04 アリスのガードが硬いというか、ドナムがなかなか相手に当たらないので結構焦ってしまった。

でも、それなら物理なら当たるのか? と思い、通常攻撃をしてみたら普通に入ったので、
回避アップをしつつ物理で殴るを繰り返すゴリ押しで普通に撃破出来ました。

正直、瀕死状態で“死に物狂いの大暴れ”をしてくる、中ボスのハエの方が断然強かったかも。
あちらは、ほとんど運任せで勝利したような気がするし(クリティカル連発など)


それにしても、ボス戦時にレベルが高いキャラで67とかになっていて、ちょっと驚かされる。
前回ダンジョンから20以上も上がってるとか、かなりレベルが上がりやすい作品なんだなぁ。

クリアまでにレベルが普通にカンストしそうな勢い。「魂移し」があるから上がりやすい?




ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 公式コンプリートガイド
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-07-15)
売り上げランキング: 437


Vita「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」プレイ感想(5)、シビレコバチが激強!そしてバーバ・ヤーガがついに登場(フェーヌム)

Vita「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」プレイ感想(4)、ストーリーが盛り上がりを見せ始める&ネルドにモヤモヤ(メルム)







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation