ルフラン01 今回は、「死都アマデウス」というダンジョンを潜ってきたんだけど、
前回同様、現状倒すべきボスもおらず、探索自体も楽々だったので語ることなしという感じ。

しかしながら、ストーリーの方は急展開といった様相を見せていて、ほんと衝撃の連続です。
ドロニア型? フルネラ型? いったい何の話をしている……!?

上記のセリフで、否が応でも気付かされずにはいられない。ドロニア様が何者なのかを。

【スポンサードリンク】


てっきり、ドロニアとヴェルニアは同一人物で、魔法学校時代はヴェルニア、
その後はドロニアと名乗っているのかと思いきや、すでにヴェルニアは亡くなっていたとはね。。


しかも、その亡くなった原因が思いっきりルカのせいなんだもんなぁ、非常に切ない。
ルフラン02 でも、ちょっと取って付けたような退場の仕方だったので、少しポカーンとさせられてしまう。
「え、そんなにアッサリと!?」と、思わずにはいられなかったものだ。

だけど、そのアッサリ感が余計にショックを大きくさせるのかもしれない。
ルカが背負っている罪悪感というものも相当なものなのでしょう。

ま、そこに付け込んだのがバーバ・ヤーガだったというわけだ、抜け目ないですな。


そんな中で、魔女フルネラをナイフでぶっ刺すマリエッタさん。
ルフラン03 ほんと、ドロニアのためなら進んで汚れ仕事をしている感じだなぁ、彼女は。
ここまでくると、祖母であるバーバを刺したのも本気だったのかもしれないと思えてくる。

(それにしても、彼女はドロニアが人形だということを予め知っていたのだろうか?)


そして、フルネラの亡骸から例の鍵をGET! 「まだやれるぞ!」とドロニアは息巻くけれど、
そもそも彼女の目的は何なのかが未だに分からないので若干モヤモヤ。

鍵を3つ揃えると何でも願い叶うとのことで、イサラでも生き返らせたいのかな?
ルカからすると、母親よりヴェルニアを生き返らせたいと考えてそうな気がする、たぶん。


あと、ついでに言っておけば、上記のイベントの間に3回目のデッドエンドもありました。
ルフラン04 ちょっと今までにないくらいの気持ち悪さ。
めちゃくちゃショッキングなシーン、最高にエグかったですニムトさん……。

もうここでゲームをやめちゃう人も出てくるのでは? と思っちゃうほどの嫌なイベント。
これ以上見るのが怖い、頭にこびりついて離れない……、お子様ならトラウマになりそうな予感。




ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 公式コンプリートガイド
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-07-15)
売り上げランキング: 437


Vita「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」プレイ感想(7)、“影の薄い生徒”の素性に2度驚かされる!それからまさかのデッドエンド(2回目)

Vita「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」プレイ感想(6)、まさかのデッドエンドに衝撃!そしてキングアリスを物理で殴る(ウンブラ)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation