烈火の剣01 今回から、ヘクトル編ノーマルを開始していきます(リン編ハードを経由)

エリウッドとヘクトルって、ほぼほぼ行動はずーーっと一緒だったというのに、
なぜストーリーを分ける必要があるのか? という疑問もあるけど、まあ進めていこう。

彼視点じゃないと描けない何かがあるのだと期待はするものの、
竜と黒い牙がメインという基本のストーリーは変えようがないので、たぶん一緒っぽい。

【スポンサードリンク】


それにしても、シミュレーション部分はヘクトル編の方が多少難しいのかな?
敵の物量が増えてるようなそうでもないような……、なんだか敵に囲まれやすくなった気がする。

というか、ザコの増援が出てくるのが早い感じなんだろうか??
特に13章あたりは、エリウッド編ではなかったような敵の多さで驚かれるものだ。


あと、お金が無さ過ぎて辛いったらない。
武器が買えないので、良い装備を温存しておきたくても出来ない懐事情の寂しさよ……。

リンが加入してくる時に1万Gを持ってきてくれるから有難いけれど、
それまではほんとカツカツ状態なので、そういう意味での難易度の高さは感じられるかも。


★レイヴァン&ルセアが仲間に
そんな中、エリウッド編では見殺しにしてしまったレイヴァンをついに仲間に出来たぞー!
当然ながら、ルセアもセットで仲間に加入(結局、光魔法は他に代えがいないので有難い)

エリウッド編では、キアラン兵にちょっかいを出して返り討ちにあったレイヴァンだけど、
今回は自らこちら側に進んできてくれたので、すんごい楽に仲間にできました。

ほんと無理してプリシラを前線に出して進軍する必要もなく、まさに“鴨ねぎ”状態。
良い機会なので、これから2人とも1軍ユニットとして育てていこうと思う。


★リンがヒロインポジション?
あと、海賊船上にて、自分のバックボーン(両親の話)をヘクトルに話すリンちゃん。
この辺は、エリウッド編にはまったくなかったイベントですな。

時系列的に言うと、エリウッドが海賊のお頭と会話をしている時になるのでしょう。
そんな時に、こんな重要な会話をしていたとは……。

なんだか、ヘクトル編ではニニアンではなく、リンがヒロインポジションなのだろうか?
結構2人の相性は良さそうに見えるものの、恋人というより戦友の方がしっくり来る気はする。


という感じで、現在20章まで終了して、エリウッド父が亡くなったところまで進行中!
最序盤はエリウッド編よりキツく感じたけど、段々代わり映えしなくなってきたかも。




ファイアーエムブレム 烈火の剣
任天堂 (2003-04-25)
売り上げランキング: 4,362


GBA「ファイアーエムブレム 烈火の剣」プレイ感想(6)、エリウッド編クリア!終章だけ他の章より極端に難易度高くないかい?(ロイド・ライナス強過ぎる)

GBA「ファイアーエムブレム 烈火の剣」プレイ感想(5)、ザコ敵の中にも2次職が登場!そして唐突にタイトル回収(25章終了)






【関連記事】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation