ボダラン01
個人的にも現在進行形でハマっているゲーム「ボーダーランズ2」

その作品にライターとして参加した方が「喋らない主人公」にしてしまったことに対し、
後悔するような発言を先月行われたインタビューにて語ったらしい。

主人公が喋るか喋らないかでずいぶんと作品イメージが変わってくると思うんだけど、
最終的には喋らせた方が良かったと考えてらっしゃるわけか、作った側としては。

【スポンサードリンク】


『Borderlands 2』ライターが明かす「喋らない主人公」への後悔

テスターたちはストレスを感じていた。賑やかなキャラクターがいっぱいだし、エディターが動脈瘤になるほど長くてやりたい放題のギャグや台詞が出てくるゲームなのに、主人公たちに関しては、無のブラックホールが存在してしまっていたからね。ゲームの全てにバックストーリーが存在した、名前のない盗賊の集団にすらね!あらゆることが説明され、ジョークのネタにされ、掘り下げられているのに、主人公たちだけは例外なんだ!

Gordon Freeman風のキャラクター描写が好きすぎて、離れることができなかったんだ。しかし、中途半端はしないでくれと頼むEメールが、多くのファンから届いた。彼らが我々に望んだのは、主人公たちをサイファーや「ヒーロー」(その意味はともかく)にする心配などせずに、キャラクターとして確立することだったんだ

当然、没入感というのは楽しくもできる。だが結局、我々がゲームの主人公ではないことは誰もが分かっているんだ。ライターやデザイナーにとって、プレーヤーと主人公の距離をできるだけ無くすべき時もあれば、その距離を認識して拡大し、最大限楽しむべき時もあるということだ。


個人的には、主人公以外のキャラが賑やか過ぎるほど賑やかだと感じるので、
逆に主人公が喋らないことでバランスが取れていたような気がするんだけどなぁ。

主人公もキャラが確立し、個性溢れるトークを繰り出すとなると、
あのぶっ飛んだNPC達とほんとに会話が成立するのかが少し疑問に思わなくない。

「もう何を喋ってんだよ、話が進まないだろ!」という展開をつい想像してしまう。
(ま、これはこれでボーダーランズっぽくあるのかもしれないけれど)


別に「喋らない主人公」にすることで感情移入しやすいってことでもないのだろうけど、
FPSでなおかつRPGな本作の場合、なんだかんだで没入感が高まるのは確かだと思うんだ。

プレイヤー=主人公という感じでもなく、ある意味で“パンドラの住人”になってる気がするし、
個性というものを与えられるのではなく、自分で見付けていく楽しさもある気もする。

言わば、自分で物語を紡いでいく感覚なのだろうか。そんな感じで僕は楽しんでいます。


でも、アメリカのファンの方達からしたら、個性あるキャラクターを欲しているのですね。
そして、ライターさんも同じようにそれらの意見を支持している。

こうなったら「ボーダランズ3」の主人公は喋る主人公に変わっている可能性が大きいのかも。
(ちなみに、プリシークエルはどんな感じになっているのか少し気になる)



ボーダーランズ ダブルデラックス コレクション
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン (2015-05-14)
売り上げランキング: 188


Vita「ボーダーランズ2」プレイ感想(24)、祝・マヤで1周目クリア!噂通りにハロルドが強かった

Vita「ボーダーランズ2」プレイ感想(23)、新品Vita本体でも相変わらずエラーは出る模様……&カクタリズムツリーに極振り(マヤ)







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation