ふしげん01 今回から「不思議の幻想郷 -THE TOWER OF DESIRE-」をやっていきます。
ローグライクの苦手意識を克服するため、何となく体験版をやったら面白く感じたので衝動買い。

なにやら、ちょうど本作の完全版(?)の発売が発表されたみたいだけれど、
年末まで待つのもあれだし、どうせ途中で投げ出す可能性もあるのでプレイ開始しました。

ほんとは「ドラゴンフィンスープ」の方が気になっていたものの、評価が低いのがなぁ……。
ローグライクならシレンをやれ!とか言われそうだけど、あちらはあちらで敷居高過ぎだよね。

【スポンサードリンク】


そもそもVitaだとローグライクの選択肢も結構少ないので、結局本作になってしまうという。
(「ネクロダンサー」は、もはや別ジャンルに感じるし。「オメラビ」はちょっと……)


というわけで、始めたわけだけど、全体的に雰囲気が明るめというのが好印象かもしれない。
ふしげん02 シレンとかって、なんか画面が暗いイメージが結構あるんだよね、初心者的な見地からすると。
もうそれだけで高難易度&敷居が高いという雰囲気が漂っちゃうから、手が出し辛いわけで。

ローグライクだけじゃなく、昔のダンジョンRPGにもうそういったイメージがある気がする。
(でも、ダンジョンの中って暗いのが当たり前な気もするから、仕方がないとは思う)


ま、そういう意味でも、本作は初心者にも手を取り易さが出ていて悪くないんじゃなかろうか。
ふしげん03 おまけに、敵さんも女の子ばかりという華やかな世界
しかし、普通に女の子をタコ殴りにしている感じになってくるので、気分的には宜しくないや。

敵が女の子だとしても「ダンジョントラベラーズ」とかみたいに、
もうちょっとモンスター的なデザインにすれば良かったのにと思ってしまう。

(というか、敵は人間みたいな見た目ではなく、普通に魔物っぽい方が良かった)


ちなみに、今は華扇の修練場「中級」を潜っているところです(ストーリーはまだ進めてない)
ふしげん02 20階中18階までは到達したものの、“はらぺこ”になって死亡。あとちょっとだったのになぁ。
なんだかんだで、満腹度管理が非常に悩ましいものだ、ローグライクゲーって。

ほんとレベルなどそこまで関係なく、プレイヤースキルが最重要なのだと思い知らされる気分。

慣れの問題もあるのだろうけど、慣れるまでの時間に個人差がかなりあるだろうから、
その辺にローグライクゲーにハマる人とハマらない人、好みの差が極端になっているのかも。


そんな感じで、ローグライク初心者&東方の知識皆無な人間だけど、楽しんでいきたい。









【関連記事】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation