剣街01
色々とストレスを感じつつも、なんやかんやで黙々とプレイしてしまう剣街。
やっぱり、雰囲気がいいというだけでモチベーションがあがるというものです。

東京新世録シリーズよりかは、断然面白いんじゃなかろうか?

個人的には、「ドラゴンズクラウン」をDRPGにしたらこんな感じかなと思いながらプレイ中。
あちらはダークファンタジーじゃなくハイファンタジーって感じだけど、雰囲気は近いような。

【スポンサードリンク】


で、今回は「廃者の谷」というダンジョンを探索してきたわけだけど、
ここに登場してくるニンジャの即死攻撃が痛いったらないですな、ほんと……。

ニンジャとの3連戦でパーティメンバーが2人殺されてしまうという大惨事。
剣街02
これはもうリセットした方がいいだろ、とか思ったものの、
やられたのが後衛のダンサーとウィザードだったので、代替キャラでも影響ないと判断して続行。

これが攻撃の主力である前衛キャラだったら発狂してるところでしたわ。


一体、この即死攻撃をどのようにして防げばいいんだ? と悩んだ結果、
神気スキルの「精霊の壁」が即死攻撃も完全ブロックしてくれることを知って、即入手。

そっかー、即死も状態異常の1つに入れられるのですね、これは素晴らしい。


その後、こちらも即死を持っているタ・ダトキさんとのバトル(千姫の旦那の本多忠刻?)
剣街03
やっぱり「精霊の壁」があると、ほんとに安心して戦えるものだ(「十字突撃」も強い)
ダンサーもいるので歌を歌わせておけば士気も回復できるし、非常に重宝する。

ま、そんな感じで、「廃者の谷」にいる血統種は全て撃破! 良かった良かった。


それから、後回しにしていた「雪と森の廟」を再び攻略。
剣街04
順調に血統種を撃破していき、ダンジョン最深部に到達したら謎の“鎧の男”が登場!
「魂の源を忘れた輩」ってどういうことだ? みなもとかぁ、う~む。

あと、よく分からない石碑のようなものまで出てきたことだし、ほんとに謎だらけ。
今まさに“異邦人”感を味わわされている最中なのかもしれない、なんとなく。




剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~
エクスペリエンス (2015-01-22)
売り上げランキング: 2,032


Vita「剣の街の異邦人」プレイ感想(2)、“生命点”の回復に時間が掛かって仕方がない(デスペナきつい)

Vita「剣の街の異邦人」プレイ感想(1)、雰囲気自体は素晴らしいけど使いまわしっぷりが目に付く






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation