剣街01
ある程度“純結晶”が揃ったら王宮にてキーパーソンらによる3者会議が開かれ、
それから元の世界への「帰還実験」がスタートしました。

やはり彼ら(異邦人)はこの世界の住人であることに甘んじているわけではなく、
ちゃんと帰るためのプランを練ったりしていたのですね、そりゃそうか。

そもそも、この世界って居心地がものすごく悪そうだもんなぁ、魔物も一杯いるし……。

【スポンサードリンク】


そして、リウが「雪と森の廟」の石碑に祈りをささげると、どこからか飛行機が墜落!
まさに主人公らがこの世界に来た時と同じことが再現されるという驚きの結果に。
剣街04
一体どういう状況になっているのやら、ほんと翻弄されるのみですな。
ようやく物語が動き出してきたという感じで、ちょっとワクワク感が増してきたかもしれない。


それから、ここでワイバーンとの戦いが発生。こいつがなかなか強かった。
剣街02
ナイトでも200近くのダメージをくらってしまうという高火力(こちとらLV15ほど)
怖ろしいので“鉄壁の守り”で皆を守っていないと不安で仕方がない。

相手のブレス攻撃も怖いから、バイオウォールも使ったりしてたんだけど、
“黒い炎”という名称にもかかわらず、あれって物理攻撃なのかなぁ? その辺が少し混乱。

あとは、チャームを防ぐための“剣の絆”は予兆が出る前からあらかじめ出しておいて、
チャームがくるタイミングで“十字攻撃”をしてたら、割と安定して戦えたように思う。


ま、そんな感じで撃破したら、また新たに行けるダンジョンが3つ増えた模様

なるほど、毎度こんな風に行けるダンジョンが“複数”増えたりするから、
本作は「エルミナージュ」シリーズと比較されたりすることがあるのですね、ふ~ん。

でも、遊んでる感覚としては、そこまで両者が似ている感じもしないんだけどなぁ。

本作の場合、行けるダンジョンが増えても、1つ1つじっくり探索するのも厳しく、
複数を掛け持ちしながらちょっとづつ進めていく感じなので、似て非なるものな気がする。


というわけで、とりあえず最初に「地下死街」へ行ってまいりました。
剣街03
序盤に出会ったジイサンがここで再登場! ほんと思わせぶり過ぎてモヤモヤさせられる。
ラスボスとかそんなんじゃないのだろうけど、大きな鍵を握っている存在なのだろうね。

そして、その先に謎の“鎧の男”であるドランサークさんとも再会。

「おまえは騙されてるから一度ギルドに戻った方がいいぞ」的なことを言われたので、
ひとまずこのダンジョンの探索は置いておいて、他のダンジョンに行ってみたいと思う。




剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~
エクスペリエンス (2015-01-22)
売り上げランキング: 2,032


Vita「剣の街の異邦人」プレイ感想(3)、即死を完全ブロックする“精霊の壁”が重宝する(もうニンジャ怖くない)

Vita「剣の街の異邦人」プレイ感想(2)、“生命点”の回復に時間が掛かって仕方がない(デスペナきつい)






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation