メアリスケルター01 8章へ突入! 「監獄塔」へ向かったタイヨウ教団や博士らを追って主人公らも出発。
いよいよクライマックスか!? という感じになってますな。

主人公らの周りの動きが慌しくも、非常にもどかしい。
何の説明もなく自分勝手な行動をするのは大人達なのだと大抵決まっている、いやはや……。

ラプンツェルが「やなよかんするー!」と、シンプルな言葉を発していたけれど、
ほんとその通りで、そろそろ主要人物の退場とかありそうで不安と期待がない交ぜになる。

【スポンサードリンク】


そんな折に、「監獄塔・下層」5階にてミチルと遭遇。
ここにおいてのグレーテルの言葉が非常に意味深だったように思う。


そうね……あなた(ミチル)は、ここに『いたもの』に根ざした存在。
 ……そして私たちは恐らく、ここに『あったもの』に根ざした存在。

 わからない? この人(ミチル)は、
 自分はジェイルに擬態させられた存在だと言ってるのよ



うん、一体どういうことなのやら。

「ジェイルに擬態させられた存在」というのは、ジェイルの擬人化といった感じなのかな。
はたまた単にメルヒェンだということなのか、あるいは全く別の何かなのか、よく分からん。

あと、「ここに『いたもの』」が、ジェイルやメルヒェン、またはその元となるものを指すとして、
「ここに『あったもの』」とは何なんだろう? 「いた」でなく「あった」だから生き物ではなさそうだ。


上記のことを考えつつモヤモヤしているところで、ボス戦に突入!(核の守護者)
メアリスケルター02 ついにスピード低下などのデバフを掛けてくるボスがキターー! たぶん初な気がする。
そして、自分自身はスピードUPをしてくるなど、少しやっかいな敵さん。

でも、そのデバフも1人づつにしかやってこないから、そこまで影響はなかったような……。
ランダムで連続攻撃してくるスキルが高火力なものの、それ以外は大したことないかも。


続いて、ナイトメアとバトル!
メアリスケルター03 アタックルストをしていれば被ダメを300程度に抑えられるし、結構弱く感じるボス。
もしかして全体攻撃以外に大した攻撃を持っていない?

そんな中、ジェイルボーナスでの敵への攻撃で、約4万ダメージが2回入り速攻で撃破!
ボス相手に割合ダメージを与えると、ほんとに強力なんだなぁと改めて感じてしまうものだわ。

たぶん、いくら相手の体力が減っていようと、最大HPからの割合ダメージっぽいので強過ぎる。


という感じで、8章が終了して次は「監獄塔・上層」へ。
メアリスケルター04 気付けば視子&ハルさんも監獄塔へ出張っているようで、「黎明」にはモブが配置されてます。
主要人物の大半が監獄塔へ集結か。こうなってくると、次はおそらくラストなのでしょう。


なんだか、色々と真実を知るのが怖く感じるものだ。






Vita「神獄塔 メアリスケルター」プレイ感想(8)、ボスよりザコ敵の方が強くて泣きそう&ついにスナーク登場!(7章終了)

Vita「神獄塔 メアリスケルター」プレイ感想(7)、学生街じゃなく教室そのものなダンジョン&“黎明”の闇が少しづつ浮き彫りに(6章終了)






【関連記事】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation