朧01 セールで購入したDLC第4弾「鬼娘・角隠女地獄(つのかくしおんなじごく)」をやってみる。

坊主が嫌で寺から逃げ出してきた女好きの清吉(放蕩者)。何の因果か百姫を口説いていると、
気付けば鬼の子を口説いてしまっていて、さあ大変というのが本作の物語。

この冒頭に出てくる百姫は、クリア後の出家した百姫でも“おぼろちゃん”でもなく、
見た感じ百姫陣九朗なので、同じ相模スタートだから時系列が全く一緒なわけね、なるほど。

【スポンサードリンク】


なんだか他の主人公の物語と違って、かなりほのぼの(?)スタートといった感じですな。
キャラクター的にも本作はコメディタッチという感じなのかもしれない、なんとなく。


そんなこんなで、清吉の嫁になることを勝手に決意した鬼娘の羅邪鬼(らじゃき)ちゃん
なにやら打ち出の小槌を使って姿を変えつつ戦うようで、なかなか使っていて面白い。
朧02 子供Ver.は動きが素早く、さくさくモーションなので非常に使いやすい。
まあ、本編の主人公2人と使い勝手が似ているのでクセがなくて良いんじゃなかろうか。

そして、大人Ver.は、モーションが遅めなので敵の隙をついて一発一発攻撃を当てていく感じ?
(でも、鍛錬をすることでまたガラッと印象が変わるかもしれないけれど)

一応、攻撃を連続で出すと別の技(金棒クルクル)に変化するけど、使い道が限られそう。
ザコ敵ならまだしも、ボス相手だと見極めが大事そうな気がするね(ガチャプレイ厳禁)


それから、大鬼Ver. こちらも使うタイミングをよくよく考えなければ。
朧03 高火力、そして無敵。でも、モーションが遅く時間制限有り、という感じ。
一度使うと再使用までに時間が掛かるので、やはりボス戦で最後の削りに使うくらいかなぁ。

(ザコ戦で間違えて使ってしまった時の悲しさよ……)


それにしても、羅邪鬼ちゃんの服装だったり、足柄山の熊さんが登場するなど、
本作って一応「金太郎」の物語がモチーフになってたりするのだろうか? その辺が気になる。

「金太郎」って有名ではあるものの、個人的には昔話自体をほとんど知らないので、
どのくらい関連しているのかが分からないから、ちょっと残念な気分です。


という感じで、ストーリーの方は清吉のエア許婚(?)と話を付けるため、甲斐国へ進行中。
朧04 どうでもいいけど、そもそもなぜ羅邪鬼ちゃんは地獄から人間界に来たのだろう?
そういった部分はちゃんとした説明があったりするのかなぁ、今後に期待したい。




朧村正 音楽集
朧村正 音楽集
posted with amazlet at 14.11.30
ゲーム・ミュージック
ベイシスケイプレコーズ (2009-12-16)
売り上げランキング: 4,288


Vita「朧村正」プレイ感想(14)、DLC第3弾“白蛇”ひとまずクリア!ラスボスより油田の方が強くない?

Vita「朧村正」プレイ感想(13)、DLC第3弾“白蛇・七夜祟妖魔忍伝” ゲージ管理が非常に重要なイケメン忍者






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation