バベル01
引き続きセブンハンド狩りをしているわけだけど、今回の舞台はGHQ墓地
今回は無いんだねと思っていたのに、やっぱりこのダンジョンもあったのか。

マップ構造もたぶん前作とほぼ同じのようで、だだっ広いことこの上ない。
スイッチを踏むというギミックも相変わらずだし、目新しさは皆無ですな……。

その上、このダンジョンだと戦闘曲も前作仕様になるから、余計に既視感が凄かった気がする。

【スポンサードリンク】


そして、今回相対したセブンハンドは、ジョーカーとかいう異形。

何の対策もなくヒョイヒョイっとやってきたものの、
まさか“超常体”の取り巻きを複数従えているとは思いもよらなかったものだ。
バベル02
それらに対応する武器を装備していなかったので、ほとんどダメージが通らず絶望。
墓地の地下に現れる超常体には目もくれず、ガシガシ進んできたツケがここで来るとは……。

まあ、直前にセーブをしていたので、しょうがなく拠点に戻って対策をしてから再びバトル。
何というか、武器に属性さえ付いていれば何ら問題なく倒せる敵さんでありました。

(ボス自体が超常体かどうかは分からないけれど)


それから、ジオマトリクスにて、セブンハンドの6人目ドレッドノートとバトル!
バベル03
こちらはもう特に語ることもないほど弱かったように思う。
むしろ、マップ探索中の狙撃の方がよっぽど痛かった気がするものだ。

(それにしても、変身前の老人狙撃手みたいな見た目がなかなかカッコイイ)


その後、どういった流れだったか忘れちゃったけど、
異形・ヒカルを撃破し、主人公たちの呼びかけにより自我を取り戻したヒカルちゃん
バベル04
なんやかんや色んなことが作用して、コードライズ能力まで開花したらしい。

正直、このキャラって最終的には退場しちゃうものだと思っていたんだけど、
もう普通に人間として認められCPOの一員として活動することになるのですね、なるほど。

まあ、先輩である規子だって元々異形だったわけだし、ある意味で規定路線なのかもしれない。




東京新世録オペレーションバベル (通常版)
5pb. (2015-04-30)
売り上げランキング: 1,388


Vita「東京新世録オペレーションバベル」プレイ感想(4)、時を操るキエルさん&バッカニアが強かった!

Vita「東京新世録オペレーションバベル」プレイ感想(3)、タナトス&ヴァルプルギスを撃破!そしてXウィザー登場に驚愕






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation