オーディン01 今回から、コルネリウス編に突入! プーカ姿がなかなか可愛い。

彼のストーリーは、森に向かっていたと思ったら死の国に来ており、なおかつ、
気付けば人間からプーカにされていたという展開なので、冒頭から翻弄されまくりです。

プレイヤー同様に、主人公自身もなにがなんだか分からない状態で始まるので、
比較的感情移入しやすいキャラクターなのかもしれない、なんとなく。

【スポンサードリンク】


とにかく元の世界に戻るには死の女王の許しがないとダメということで、いざ出発。
グウェンドリン編・最終章と同じステージから始まるというのも感慨深いですな。


ま、同じと言ってもステージ構成まで一緒ということでもないみたいだけど。
オーディン04 グウェン編ではなかった毒沼が追加されている(これがなかなかいやらしい)
てっきり完全な使いまわしだと思っていたから、こういうちょっとした変化が嬉しいものだ。


しかし、キャラが変わったということで、操作に慣れるまでがちょっと大変
オーディン02 グウェンの武器とさほどリーチは変わらないものの、
王子の方が若干モーションが遅いので、それだけでも使用感がかなり違って感じるね。

モーションが遅い分いざという時のゴリ押しもしにくそうで、後半キツそうな予感。
グウェンの時は“氷漬け”に頼っていた部分もかなりあるし、王子は不安しかありません。

でも、これから色々とスキルも増えていくから、また印象も変わっていくだろうけども。


それから、ステージ最深部にて死の女王オデットとバトル!
オーディン03 うん、何というか、特に語ることもないくらい弱かったです。
さすがに最初のステージということもあってか、グウェン編のような強さはなかった模様。

正直、ガイスト女とかいうザコ敵の方がボスより戦いにくくて、ほんとに嫌い。
あのザコがいるおかげで、ステージ評価のSが取れなくて泣けてくるし……。


それにしても、死の女王を倒しちゃったら
元の世界と行き来が出来なくなっちゃうんじゃなかったっけ? そんな話だったよねぇ。

でも、今回は完全に退場にまで追い込んではいないから、まだ大丈夫ということなのかな。
時系列的にグウェン編よりも前らしいので、話の流れ的にここで退場はさせられないのかも。


あと、8bit版「オーディンスフィア」が公開されたらしいので紹介しておきます。

ブラウザで遊べる!8bit「オーディンスフィア レイヴスラシル(音量注意)

グウェンドリンを操作出来るんだけど、キーボードの操作がちょっと難しい……。




オーディンスフィア レイヴスラシル
アトラス (2016-01-14)
売り上げランキング: 51


Vita「オーディンスフィア」プレイ感想(4)、グウェンドリン編クリア!ブリザードが優秀すぎて終章は楽々だった

Vita「オーディンスフィア」プレイ感想(3)、ドワーフと戦艦という組み合わせはFFから影響を受けたの?






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation