ネルケ01 8ターン目が終わったところで、4人目の錬金術士であるユーディーさん登場!
なにやらリリーと同じように、調合した道具を使ったら爆発してこちらの世界に来ちゃったらしい。

その道具というのが「時間をさがのぼる道具」らしく、過去へ行こうとしていたとのこと。
なんかサラッと「さっきまで未来の世界にいた」とか言っているし、ちょっととんでもない人物だな!

時間を操るとか、ユーディーってすんごい有能なんだろうか? 改めて錬金術ってスゴイものだ。
(これがジョジョだと、各部のボスクラスのキャラになっちゃうわけで、驚き以外の何物でもない)

Read More →

LINEで送る
Pocket

ネルケ01 4ターン目に入り、2人目の錬金術士であるエリーさんが登場!
マリーが助っ人として呼んでいたらしく、「ほうき」でこの村までやってきたらしい、ほーん。

てか、錬金術士って魔法使いの類だったの!? 「ほうき」と言えば魔女を想起させられるんだが。
アトリエの世界観では、錬金術って魔法と同義な感じなのかなぁ? その辺が気になってしまった。

本来の錬金術は科学の基礎にもなったものだから、魔法とはベクトルが違うよなと云々かんぬん。

Read More →

LINEで送る
Pocket

ネルケ01 某ブログの感想記事を読んでいたら妙に楽しそうに見えたので、なんとなく手に取ってみた。

「SLGはやってみたいけど、ガチなやつは楽しめる自信がない!」と前々から思っていたから、
本作なら自分でも出来るかも?(半分キャラゲーだし)という気がしたのでプレイしていこうと思う。

なにやら、従来のアトリエシリーズ・ファンからは評価が芳しくない模様(賛否両論)
ま、「RPGだと思って買ったら違ってた」という理由も少なくないようなので、気にしないでいいか。

Read More →

LINEで送る
Pocket

サガスカ01 各地のサブイベントと「緋の欠片」イベントが関連付けられているからか、
3章に至るまでにそれらをこなして来ていると、すごくサクサク進むものだ、「緋の欠片」イベ自体が。

気づけば「帝都アスワカンへ行け」とか言われちゃうし、やっぱり最後はそこなんだねぇ。
なにやら地下を通って神殿へ向かわないといけないらしく、もしやもうラストバトルなのか!?

「緋の欠片」イベの終わりにはサーシャ戦があったように記憶していたんだけど、
3章で選んだイベントの最後は、なし崩し的にラストバトルへ進んでしまうのですね、なるほどな。

Read More →

LINEで送る
Pocket