レイジングループ01 主人公による「大体全部分かりました」発言からの、“最後の宴”へ突入していったわけだけど、
まさか狼を暴いたら、全員を道連れに猟銃を持ち出してくるとは思いもよらなかったわけで……。

殺るとしようよ―――!」 じゃないよっ! こんなの無茶苦茶だよ!!
宴が始まる前に身体検査くらいしようぜ、まったく……。そうすれば未然に防げただろうにねぇ。。

これがただの威嚇ではなく、本当に殺しに掛かっているので、もう完全に地獄絵図であった。
「けがれ」を厭わなければ、そりゃあやりたい放題出来ちゃうし、神様に怯えていた彼女はどこへ?

Read More →

LINEで送る
Pocket

オウガ01 (※レオナールさんが切ないなぁ……、よりによってザエボスと一緒に使役されているとは)

今回は、「死者の宮殿」を探索。100階まであると考えると気が重いけど、チマチマ進めてみた。
約4年前に進めていたデータでは、B22でモチベが保てず投げたものの、レア欲しさに頑張ろう。

以前は、経験値がスズメの涙しか貰えないこともモチベ低下の原因の1つだったものだけど、
この際、レベルに関しては完全に割り切って、スキルの育ちが乏しい人員メインで行くことに!

Read More →

LINEで送る
Pocket

レイジングループ01 本作って結構「わからん殺し」が多いとは思うんだけど、今回もよく分からんかったなぁ。

ヒントコーナーのひつじによれば、「おおかみに殺られたわけじゃなさそう」、
そしてここが「レイジングループの最難関」とのことで、結構ポカーンとさせられてしまった。

直前に主人公が加護者だと明かしたので、狼に狙われたのなら理解できるけれど、違うんかい!
じゃあもう完全に「ひと」による意趣返しじゃないか……(モッチーに近しい人かもしれない)

Read More →

LINEで送る
Pocket

レイジングループ01 今回ルートの1日目は、まかさの昼夜犠牲者なし。そして、2回目の「宴」へ。

ここへ来て馬宮さんが「へびの加護者」であると偽証をするなど、波乱の幕開けであった。
主人公こそが「へびの加護者」なので嘘はバレバレ。常時金切り声なのも怪しさ満載とは思う。

偽者を装い本物の加護者を釣り出す、明らかに“おおかみ or むじな”じゃないか! 彼女は。
狼が3人いる今回だからこそ、こういったリスキーな戦法を序盤から展開出来るんだろうなぁ。

Read More →

LINEで送る
Pocket