メガテン01 今回、DSで初めてダンジョンRPGをプレイしているんだけど、
気付けば下画面ばかり見てしまうという、2画面制特有の弊害が起こってしまうものだ。

上画面に3Dフィールド、下画面にダンジョンマップ。
その2つを同時に見ることが出来ないので、自然とマップを優先して見てしまうものだね。

マップを全部埋めてしまったら、移動の効率を考えると下画面しか見なくなってしまう模様。
どうにも味気なく思えてきてしまうけど、こればっかりはどうしようもないな……。

Read More →

Pocket

メガテン01 2つ目のダンジョンに突入し、だいぶ戦闘も安定してきたので結構楽しくなってきた。
やっぱりキツいばかりじゃなくて、多少気持ち的な余裕もあってこそのものだよね。

高難易度をヒーヒー言いながら突破するのもいいけれど、緩急も大事だと思うんだ。
緊張感と安心感みたいなものが上手いことループしてくると最高なのでしょう、なんとなく。

でも、これはプレイヤーの感じ方次第なので、製作者がコントロールするのは厳しいのかも。

Read More →

Pocket

メガテン01 ネットで“ダンジョンRPGのおすすめ記事”を読んだら、大抵名前が挙がっている本作。
「メガテンはちょっと敷居が高いなぁ」とか思いつつも、今回からプレイしていきたいと思う。

個人的には初のメガテン。現代ファンタジーという印象があったんだけど、本作はSF臭がスゴイ。
クローズドサークル、サバイバル、そしてSFパニック映画っぽい雰囲気に引き付けられます。

「南極で一体何が!? 姿の見えない知的生命体に襲われる恐怖!!」といった感じで、
ベタといえばベタなんだけど、導入部の掴みとしては申し分ないんじゃなかろうか。

Read More →

Pocket

ダントラ2-2
【電撃PS】『ダンジョントラベラーズ2-2』にも裏面は存在! 新マモノも多数! 鷲見Dインタビュー全文掲載

発売まで2ヶ月を切った「ダンジョントラベラーズ2-2 闇堕ちの乙女とはじまりの書」

なにやらディレクターさんのインタビューが電撃オンラインにて公開されたとのことで、
さっそく読んでみることにしました(気になる方は上記リンクからサイトへGO!)

ほんとは事前情報とかあまり仕入れずに、まっさらな状態でプレイしたいと思っていたけど、
やっぱり新要素などの誘惑には勝てませんでしたわ……、これは仕方がない。

Read More →

Pocket