高学歴男性におくる弱腰矯正読本
★2008年12月9日の記事を再掲

これは表題からイメージすると、自己啓発本の類かと思ってしまうけど別物です。

フェミニズムが女性を解放したように、男性も解放されるべきであるという趣旨のもと書かれていて、男性は「変性意識」というものを高めていって、解放されようというもの。この「変性意識」というものがすごく興味深い。

「非日常で狂気に近い状態の意識」のことをそう呼ぶらしく、その具体的な事例が沢山書かれていて、解りやすかった。それはたぶん誰もが感じたことがある感覚で、それを理論的に説明されてあるのが素晴らしい。

Read More →

LINEで送る
Pocket

症例A
★2008年12月9日の記事を再掲

“精神医療”と“博物館の真贋をめぐる謎”とが交互に語られていく物語。テーマが専門的なので、多少説明臭いところが多いけど、退屈に感じることもない。読んでいくうちに引き込まれていき、先が気になってしょうがなかった。

統合失調症(分裂症)、境界例、解離性同一障害(多重人格)を扱っていることもあり、かなり既視感を感じながら読んだけど、なかなか面白かった。ただ、ラストが消化不良気味、おしいなぁ。

精神分析や心理学などに興味がある人が読んだら、適度に知的好奇心を満たしてくれて良いかもしれない。それくらい、普通に真面目な作品。一応ミステリー仕立てにはなってはいるけど、特別そういった要素が必要だったとも思えなかった。

Read More →

LINEで送る
Pocket

彼女たちの物語―21世紀女性作家10人インタビュー
★2008年12月8日の記事を再掲

雑誌「すばる」に連載されていたインタビュー「『現在』女性文学へのまなざし」をまとめたものらしい。Herstories=「彼女たちが書く物語」「彼女たち自身の物語」「彼女たちによる文学史」という柱を置いて、文芸評論家の榎本正樹との対談が収録されている。

10人の女性作家は、綿矢りさ、柴崎友香、島本理生、桜庭一樹、鹿島田真希、 三浦しをん、雨宮処凛、本谷有希子、青山七恵、金原ひとみ、という顔ぶれ。若手有望株といったところなのでしょう。

それぞれの作家の著書を紐解きながら、割と突っ込んだ話をしている印象。インタビュアーが文芸評論家ということもあって、各作家の著書をかなり深いところまで読み込んでいる。

Read More →

LINEで送る
Pocket

チバユウスケ詩集 ビート
★2008年12月8日の記事を再掲

僕は普段、詩を読んだりはしないし(ランボーの『地獄の季節』くらい)、ましてやチバユウスケのファンということもない。10年くらい前には、ミッシェル・ガン・エレファントを聞いてたけど、いつのまにやら聞かなくなっていた、というくらいのレベルの人間だったりする。

ではなぜこの本を手にしたかというと、ほんとたまたまだとしか言いようがない。なんとなく気になったんだからしょうがない。そのなんとなくで良い出会いができた。

単刀直入に言ってしまえば、面白かった。チバユウスケの詩の世界観に圧倒されてしまった。何なんでしょう、この深さは。


Read More →

LINEで送る
Pocket