レイジングループ01 今回ルートの1日目は、まかさの昼夜犠牲者なし。そして、2回目の「宴」へ。

ここへ来て馬宮さんが「へびの加護者」であると偽証をするなど、波乱の幕開けであった。
主人公こそが「へびの加護者」なので嘘はバレバレ。常時金切り声なのも怪しさ満載とは思う。

偽者を装い本物の加護者を釣り出す、明らかに“おおかみ or むじな”じゃないか! 彼女は。
狼が3人いる今回だからこそ、こういったリスキーな戦法を序盤から展開出来るんだろうなぁ。

Read More →

LINEで送る
Pocket

レイジングループ01 李花子さんによる「神様の、よみがえりが近い」発言により、春ちゃんが突如発狂!?
まさか千枝実と同様にして、“神様”というワードが地雷だとは思いも寄らなかったわけで。

8年前に「霧」が起きた時、彼女の両親が亡くなっているらしいから、その影響なのかな。
能里さんの見立てによれば精神疾患らしく、要するにトラウマってやつかも……、これは辛い。

やっぱり、8年前にも今回と同じようなことが起こり、その惨劇を春ちゃんは目撃してたり?
おおかみ様 → 大神様 → 神様 、「神様 = 人狼」と捉えているのかが気になってしまう。

Read More →

LINEで送る
Pocket

レイジングループ01 「黄泉」ルートをクリアしたので、今回から新たなルートへ突入!

前回の教訓から、上藤良を経由して休水(集落)へと行くことになるわけだけど、
「選択肢」により立て続けにバッドエンドをほぼ強制的に見せられるので、若干面倒であった。

「キー」を集めるためとはいえ、ちょっと出鼻をくじかれちゃうから割と萎えてしまう……。
結局、短時間で累計5回も死を経験し、ようやく目的地である集落へ到達。テンポ悪いぜぃ。。

Read More →

LINEで送る
Pocket

レイジングループ01 「痛みと引き換えとなるような、何かを成し遂げる死に方」
プレイヤーだけじゃなく、主人公も死を前提とした考え方にシフトしてきているのが何とも言えん。

謎めいたのループを自覚し、それを受け入れているということなんだろうか?
理屈で説明できない、言葉で言い表せないものを無批判に信じる人物じゃないと思ってたのに……。

でもまあ、それだけ切羽詰った状況。藁にも縋る思いということなのでしょう、言わずもがな。

Read More →

LINEで送る
Pocket