WordPressの管理画面を開いたらアップデートの案内が来ていたので、息を吸うがごとく何も考えずにそのまま更新したら、まさかエディタが刷新されちゃうとは驚かされた。

ただのバージョンアップどころではなく、ガラッと別物になってしまった模様。英語表記でもあるし、どこをどういじればいいやら分からないのがもどかし過ぎるぜ、まったく。


プラグイン「Classic Editor」を入れれば従来どおりのエディタを使えるようになるらしいので、さっそく導入。今まさに使用して文章入力をしているけれど、やっぱりお馴染みのエディタの方がしっくりきますな(当然だけど)

ネットで調べると、「Classic EditorはWordPress 5.0に更新する前に入れておくといい」みたいに紹介されてたりするものの、別に5.0更新後に入れても特に問題ないっぽいです今のところ。

参照させていただいたサイト:WordPress5.0のメジャーアップデートの注意点と対応


この旧エディタに関連付けていたプラグインも複数あるので、やはりこちらを使い続けたいと思わずにはいられない。でも、サポート期間が2021年末までとされているらしいから、そのうち新エディタも使って覚えていかないといけないのかなぁ? 

や、サポートが終わっても使い続けられるかもしれないし、非公式の旧エディタ・プラグインだってリリースされるかもしれないし、その辺を期待してこのまま使い続けていこう、そうしよう。


逆に、新エディタ「Gutenberg」をもっと使いやすくするプラグインなんかも出てくるかもしれないから、そうなったらそちらに乗り換える可能性もなくはないか(あくまで希望的観測)


【メモ】突如プラグイン「Category Order」が使えなくなったので、代わりに「Custom Taxonomy Order NE」を使ってみる(使い勝手良好)

【メモ】プライバシーポリシーページを作ってみた(コピペ)【WordPress 4.9.6】







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation