テイルズ オブ ヴェスペリア(特典なし)

★2010年4月6日の記事を再掲

今までグラフィックで敬遠していたテイルズシリーズなんだけど、何となく始めてみたら思いのほか面白かった。普段アニメとかほとんど観ない人間なんでやっぱり最初は違和感があったんだけど、1時間もプレイしたらすぐ慣れたという感じかな。

世界観は剣と魔法(&反体制)のファンタジー。FF13クリア後に始めたということもあって、この王道RPGっぷりに見事にハマってしまいましたよ、ええ。びっくりするくらいご都合主義ではあるんだけど、この世界に流れている空気がそれを良しとしている感じがあって悪くなかった。

【スポンサードリンク】


キャラに関しては、皆それぞれ素性が分からないものばかりの集まりなんで、「いったい何者?」というドキワク感がずっと続くから、そこがストーリーの楽しさに繋がっていたように感じるね。

まあ、本筋のストーリーだけ見るとちょっと重くなりがちな要素が多い中、陽気なキャラ(おっさん、パティ等)のおかげでバランスよくまとまっていたようにも感じる


それから、(サブイベントを除いても)イベント量が多くてクリアに長時間掛かってしまうんだけど、それでも全然飽きることなく最後まで遊べたのはスゴイなと素直に思った。飽きない理由の一つとしては戦闘にあるのだろうね。

アクションRPGで、なおかつ9キャラ分操作できるというのはかなり大きかったと思う。キャラ毎に動きとか丁寧に作られている感じだもんなぁ。パティの動きなんかは、バーチャファイターシリーズのシュンディ(酔拳使い)の動きに似てて個人的に大変気に入りましたとも。


テイルズ オブ ジ アビス PlayStation 2 the Best結局クリアするのに80時間・1ヶ月半くらい掛かっちゃったけど、ほんと大満足。絵柄と違って変に萌え萌え?したキャラはいないので、その辺を危惧してる方も安心して手に取ってみてはどうだろうか。

よし、ヴェスペリアが楽しかったから今度はジアビスをやってみよう。そこそこ評価が高いみたいだし(PS2を引っ張り出してこなくては、まずはそこからだ)





PS3版テイルズオブヴェスペリア公式コンプリートガイド (BANDAI NAMCO Games Books)
キュービスト
バンダイナムコゲームス
売り上げランキング: 1720






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation