コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

★2010年2月13日の記事を再掲

2週間くらい前からやり始めてちょこちょこ進めてたんだけど、ようやくクリアしました。

もともと戦争(ミリタリー)物とかすごく苦手なんだけど、せっかくPS3を買ったにも関わらずやるものがないので、安さにつられて手に取ってみた。正直な感想としては、なかなか面白かったと言わざるを得ないね。やらず嫌いはいけませんな

たぶん、すぐ投げ出すんじゃないかと予想してたんだけど、慣れてくるとほんと興奮してくる。FPSにハマっちゃう人達の気持ちが多少理解できました。僕自身はハマるというほどまではいかなかったけども。

【スポンサードリンク】


それにしても、プレイ中の緊張感からくるのだろうけど、1時間くらいやったらなんかドッと疲れがでるね…。まばたきの回数も必然的に減ってくるから、やけに目が疲れやすく感じるし。まあ、まだ初心者レベルだからそうなっちゃうんだろうなぁ。個人的には、マシンガンとかを連射するよりスナイパーライフルでぷすぷすと狙うのが面白かった。


話変わってちょっと思ったのが、戦争に参加している人が身近に多いであろうアメリカ人にとっては、このゲームってどういう風に捉えられているか?っていうこと。戦争が身近ではない日本人にとっては、(絶対良くないことだけど)ある意味ファンタジーだと感じる人も多いと思う。

周りに戦争に参加している人がいなくても、実際問題銃社会であるアメリカ国民がこのゲームを面白がってやってると思ったら、ちょっと空恐ろしく感じちゃうんですが…。つい最近でも、アメリカの大学職員が銃乱射事件を起こしてたりするし、ほんとに大丈夫?って思ってしまうんだよね。


いわゆる洋ゲーと呼ばれるものって、ほんと戦争物やグロテスクでバイオレンスなものが非常に多いわけだし。まあそういったゲームなどが影響して犯罪が起きるんだとは言うつもりはないんだけど、どういう心情を伴いつつプレイしているのかが結構気になるな









Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation