いまや時の人という感じの小保方(おぼかた)晴子さん。

テレビのチャンネルを(ニュース番組に)回せば大抵彼女のことを話題にしているなど、
ほんと新年早々?明るいニュースを提供してくれたものです。

【スポンサードリンク】


STAP細胞:小保方さん、中2から命に関心 読書感想文

マウスの細胞を酸性の溶液に浸して刺激を与えると、あらゆる細胞に変化できる万能細胞「STAP細胞」ができるという研究成果は30日も、各メディアで大きく取り上げられた。研究の中心となった理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)は中学2年の時、毎日新聞などが主催する青少年読書感想文の千葉県コンクールで、最優秀賞に当たる教育長賞を受賞。<私は王様の世界より、人間の世界の方がスバラシイこともあると思った。なぜなら、人間には努力で積み重ねていくものがあるからだ>などとつづっていた。


こうやって各種メディアで話題になると、色んな過去の事とかも取り上げられちゃうわけだけど、
まさか中学生時代の読書感想文まで発掘されちゃうとは本人も思わなかっただろうなぁ。

小保方さんの同級生あたりから拝借したのか? と、一瞬思ったものの、
なにやらコンクールで最優秀賞を受賞するなどして新聞にも掲載されていたとのこと。


以下は、その『ちいさなちいさな王様』について書いた小保方さんによる読書感想文。

小保方晴子さんの読書感想文

全部読むのはちょっとめんどくさかったので冒頭だけちょろっと読んでみたけれど、
なんだかんだで文章が上手いですな、とても中2とは思えない。

一文一文が結構短いものの、自分の主張が簡潔に示されており非常に読みやすい。
確かにこれなら最優秀賞というのも納得かもしれない。


ちなみに、この題材となった『ちいさなちいさな王様』は、
Amazonで確認してみると現在カテゴリー別で1位になっており人気みたいです。


ちいさなちいさな王様


やっぱりこのタイミングで売れているというのは、小保方さん効果なのだろうなぁ。
もともとベストセラー作品だとしたらもっと知名度があってもおかしくないと思うし。

ほんと日本人ってミーハーが多くてビックリしてしまうものだ、気持ちは分かるけれど。


【画像】かわいすぎると話題!小保方晴子さんの画像と経歴 – STAP細胞を発表の理化学研究所リーダー – NAVER まとめ

しかしまあ、天は一体何物与えると言うのだろうね。
多少嫉妬してしまうところなんだけど、これからも頑張っていただきたいと思います。

NHKエンタープライズ (2011-12-22)
売り上げランキング: 19,893









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation