村上春樹と言えば、昨年久しぶりの長編小説を発表してベストセラーになり、
自身が翻訳した恋愛小説集も話題になるなど、改めて彼の人気を世間に知らしめたものだよね。

そんな中で、まさか彼の作品に対して抗議の声が上がっているとは驚いた。

【スポンサードリンク】


Listening:春樹小説に抗議へ 「中頓別町ではたばこのポイ捨てが普通のこと」

作家の村上春樹氏が月刊誌「文芸春秋」の昨年12月号に発表した短編小説で、北海道中頓別(なかとんべつ)町ではたばこのポイ捨てが「普通のこと」と表現したのは事実に反するとして、同町議らが文芸春秋に真意を尋ねる質問状を近く送ることを決めた。町議は「町にとって屈辱的な内容。見過ごせない」と話している。

この小説は「ドライブ・マイ・カー」。俳優の主人公が、専属運転手で中頓別町出身の24歳の女性「渡利みさき」と亡くなった妻の思い出などを車中で語り合う。みさきは同町について「一年の半分近く道路は凍結しています」と紹介。みさきが火のついたたばこを運転席の窓から捨てた際、主人公の感想として「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」との記載がある。

町議有志は「町の9割が森林で防火意識が高く、車からのたばこのポイ捨てが『普通』というのはありえない」などとしている。宮崎泰宗(やすひろ)町議(30)は「村上氏の小説は世界中にファンがおり、誤解を与える可能性がある。回答が得られなければ町議会に何らかの決議案を提出したい」と話す。


こういうのって、やっぱりどこかから行政に投書があって発覚したという感じなんだろうか?

その投書した読者の人なんかも、「自分の町が舞台となっているだなんて、楽しみ♪」という感じで
期待して読んでみたら、「まさかこんな描写があるなんて……」という風にショックを受けたのかも。

あくまでも、小説の主人公による「~なのだろう」という感想であって事実ではないものの、
まあ、その町で実際に住んでいる人達からしたら怒りを覚えてしまうのかもしれないなぁ。


でも、正直物語(ファンタジー)なんだからそこまで目くじら立てなくてもと思わなくもないです。

村上春樹の世界中のファンが誤解してしまうのが心配とのことだけど、
こんな細かい描写はサラッと読み飛ばされてしまうような部類なんじゃなかろうかと。

物語の骨子となるストーリーと直接関係のないような描写なんて忘れ去られる宿命にあると思うし、
気に留める人なんてあまりいないような気がしてしまう。

しかし、地元の人からすれば、気に留める人がいようがいまいが、
そういった描写が文章として残るということこそが不快感を覚えるということなのだろうね。


それにしても、出版社に対して“真意を尋ねる”質問状を送るとのことだけど、
真意と言っても、その小説の主人公の性格とかも鑑みてそういったセリフを言わせているわけだし、
別に村上春樹自身がそういったことを思っているというわけでもないんじゃないの?

逆に村上春樹自身の考えが投影されていたとしても、何を思おうが個人の勝手な気もするし、
この町の人がどうしたいのかがよく分かりませんな。

その一文を変更してほしいなら、そういう風に抗議したら良いのでは?
なんでそんな中途半端に“真意を尋ねる“としているのかが謎です。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
村上 春樹
文藝春秋 (2013-04-12)
売り上げランキング: 681









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation