漫画やアニメの舞台となっている場所に実際に赴くという「聖地巡礼」という言葉は
ここ近年よく耳にするようになってきたけれど、それは昔からあったことなのだろうね。

作品が好きというだけでは留まらない、好きなキャラと同じ空気を吸いたいという願望は
虚像を実像の域にまで引き上げてくるような行為で、非常に興味深く感じる。

【スポンサードリンク】


アニメ、マンガ、小説…「聖地巡礼」は新しい観光概念 自治体も熱視線

アニメやマンガ、小説などの舞台となった土地をファンが訪ねる「聖地巡礼」が、近年盛んになっている。経済効果や地域振興への期待から地方自治体などが熱い視線を注ぐ中、学問的な研究対象として扱う動きも始まっている。

ジャニーズなど人気男性アイドルグループのコンサートツアーを追いかけて日本中を巡る女性ファン集団を分析。「場所を目的とするのではなく、生きている人を『動く目的地』として観光対象にしている。憧れの人のいる場所と時間を消費するという、今までとは違う概念のツーリズムではないか」との新視点を提起し、参加者から高い評価を受けた。

今後のコンテンツツーリズムは、どのような方向に動いていくのだろうか。増淵教授は「現在は各地域がアニメなど既存のコンテンツを利用する場合が多いが、権利関係などさまざまな制約も大きい。次第に各地域が自分たちで使いよいコンテンツを作るようになるのでは」と、中央のコンテンツホルダーに頼らない地方発の動きが増えることを予想する。「ある意味、その典型例がゆるキャラかもしれない」


僕自身も色々な媒体で好きな作品というのは少なからずあるわけだけど、
この「聖地巡礼」というのは全くやったことがないのが実情です。

ものすごく興味はあるんだけど、そこまでの行動力がないというのが現実なんだよね。

世のオタクと言ったら、インドアな人間というイメージがほぼ定着していると思うんだけど、
オタクも本気を出したら凄かったということなのかもしれない。

それだけ作品愛に溢れているということか、その愛の深さの大きさの度合いによって
その人を動かしているということなのでしょう。凄いとしか言いようがないです。


上の記事ではジャニーズなんかも引き合いに出されているんだけど、
まさに人やキャラクター自身が“観光対象”になっているというところに驚嘆してしまう。

まあ、ジャニーズに関しては実際にその対象を自身の目で見ることは出来るんだけど、
漫画やアニメとなってくると、その聖地にて自分の“妄想”により
そのキャラがいると錯覚を起こして満足をするんだもんなぁ、かなり高度な作業な気がする。

でも、その妄想こそが楽しいのでしょう、そこはもちろん理解できる。
普段は頭だけでの妄想だったのに、聖地に行けば目でも補完できるという部分が良いのだろうね。

そして、作品の中のエピソードの追体験をしていくという行為(もちろん妄想で)。
僕自身も半分オタクみたいなものだけど、そういった領域にまで達してみたいものです。


まずは、地元が舞台になっている作品から手に取ってみるのが近道かもしれないなぁ。
それが自分の好みに合ったものであれば最高なのだろうけど、そう都合の良いこともないだろうし。

やっぱり首都圏生まれの人なんかだと、舞台となっている作品も多いだろうし、
僕ら地方民とは違う作品の楽しみ方を子供の頃からしている人もいるだろうから、
それはそれで羨ましいものだ、ほんとに。


それにしても、「次第に各地域が自分たちで使いよいコンテンツを作るようになる」とのことだけど、
単なる“ゆるキャラ”ではなくて、そこに物語性も含んでいると注目されやすいと思います。

聖地巡礼 ビギニング
聖地巡礼 ビギニング
posted with amazlet at 14.02.09
内田 樹 釈 徹宗
東京書籍
売り上げランキング: 86,654









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation