90歳を超えても、いまなお現役漫画家である水木しげるさん。

一体全体なぜそんなにお元気でいられるんだ? と思ってしまうところなんだけど、
やはり彼の場合は大好きな“食事”というものが元気の源になっているのだろうね。

【スポンサードリンク】


【存在自体が妖怪】91歳にしてハンバーガーもアイスも大好き! 漫画家・水木しげるの著書から学ぶ長寿のヒント

水木しげる氏といえば、日本を代表する漫画家であり妖怪研究家。現在91歳ながら、すこぶる元気で食欲旺盛。昨年12月からはマンガ誌「ビッグコミック」で新連載を始めるなど今なお精力的に活動しています。

その長寿の裏にはいったいどんな食生活があるのか!? やはり徹底して食に注意を払っているのでしょうか!?

最近おいしいのはキャンデェです。ガリガリくん、水色の。夏は一日何本か食べます。頭がシャキッとして具合がイイ。

いいですか、私に食べ物を勧めてはいけません。ダイエットしとるからね。でもゆるい栓しかしてないから、ダイフクなんか勧められれば三コ、四コと食ってしまうんです。

(ハンバーガーの中のハンバーグのことを)ぼた餅の感じですよ。(「一個全部食べちゃいますか?」と聞かれて)そりゃ食べますよ。


以前、BSかどこかで水木さんのドキュメンタリーを観たことがあったんだけど、
ほんとご飯を美味しそうに食べているのが印象的だった、しかもそれなりの量を。

年齢的に考えて、なぜそんなにも胃が丈夫なんだ? と不思議に思えてならない。
個人的なことを言えば、僕自身すぐ胃の調子を悪くしちゃう方なので、羨ましいことこの上ないです。

まあ、戦中戦後を生きてきた方ということもあって、“食”というものの思い入れも
戦争を知らない世代もよりもずっと強いと思うし、
お腹いっぱい食べれるというだけでも有り難いというかんじなのかもなぁ。

売れない漫画家時代には、奥さんと一緒に腐りかけのバナナばかり食べていたというエピソードも
どこかで聞いたことがあって、苦労しているからこそ何を食べても美味しく感じるのかもしれない。


しかし、まさか水木さんがダイエットをしているとは驚いた。
これは冗談なのか、はたまた主治医の方とかから言われていることなのか、
その辺がちょっと気になってしまうものだ。

正直、この年齢まで生きてきたんだから、好きな物を好きなだけ食べれば良いと思うんだけどなぁ。
最近では、老人の粗食による栄養失調が増えているという話も聞こえてくるし、
パワーをつけるためにもある程度は食べないといけないでしょう。

まあ、その点に関しては、水木さんはまったく心配なさそうではあるけれど。


それにしても、ハンバーガーがぼた餅感覚というのもスゴイ話ですな。
一瞬、どういうこと? と首をかしげてしまうところなんだけど、
それだけぺロリといけちゃうということなのだろうね、素晴らしいとしか言いようがない。

ぼた餅もぼた餅でご飯が材料になっているわけだから、それなりにボリュームがあるというのに、
胃に重たくのしかかってきたりしないんだろうか? ほんと消化が良いのだろうなぁ。

水木しげる鬼太郎大百科
水木 しげる
小学館
売り上げランキング: 13,258







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation