雑誌『ダ・ヴィンチ』にて、マンガ通が選んだ“恋人にしたい女性キャラ”が発表されたとのこと。
これはある種妄想の極致みたいな側面があると思うので、なかなか興味深いかもしれない。

たぶん、選んだ人達も選んでいる時が一番楽しかっただろうね。

【スポンサードリンク】


マンガ好きが選んだ、恋人にしたいヒロインNo.1は?

【1位】 ラム(『うる星やつら』)
・こんなに一途で純な女の子、地球人にはいない(青木逸美)
・ヤキモキしつつ、キュンとした。ダーリンの浮気者! ビリビリ! こんな雷攻撃なら誰だって受けてみたい(倉持佳代子)
・一途でスタイルもよくてビキニというのがいい。語尾の「だっちゃ」が、またいい(47・男)

【2位】 音無響子(『めぞん一刻』)
・思いやりがあって健気だけど、鈍感でやきもち焼きで、ある意味わがまま。付き合うには大変めんどくさいが、そこがまたグッとくる(南信長)
・しっかりしてそうなのに、思い込みがはげしくて、けっこうダメキャラなところ(井上新八)
・清楚な年上の未亡人……(奈良崎コロスケ)

【3位】 川本あかり(『3月のライオン』)
・容姿端麗なうえに、優しさとたくましさ、母性もユーモアもあって働き者の料理上手とか……嫁にしたい。支えて、支えられたい。素敵なお姉ちゃん(伊東敬祐)
・母性があって、美人で、○乳、なのに夜はホステスとして働いているところがたまらない(五所川原乱子)

【4位】 浅倉南(『タッチ』)
【5位】 黒沼爽子(『君に届け』)
【6位】 ナミ(『ONE PIECE』)
【7位】 アミル・ハルガル(『乙嫁語り』)
【8位】 大野 晶(『ハイスコアガール』)
【9位】 佐倉魔美(『エスパー魔美』)
【9位】 和登千代子(『三つ目がとおる』)


なるほど、ちょっと何とも言えないラインナップ。
なんでこんなに古いマンガ・キャラの多くが上位に食い込むのだろう?

この雑誌の企画ではなくて、時々ネットのアンケートとかでも同じような企画があったりして、
その時もやはりラムちゃんや音無響子&浅倉南に、ここでは入っていないけど峰不二子あたりが
決まってランクインしていたりするんだよね。ほんと毎回不思議に思ってしまう。

『ダ・ヴィンチ』の場合は各種業界のマンガ通とかが選んでたりするので
古い作品が出てきても驚きはないのかもしれないものの、
ネット・アンケートでも同じ答えが挙がってくるというのが、ちょっと解せないですな。

ネットだと若い人が多いと思うのに、なんでラムちゃんやらが人気なのだろう……。


しかし、そうなってくると、逆に3位のあかりさん(『3月のライオン』)とかに
違和感を覚えてしまう。
ラム→音無響子→あかり、という流れは唐突過ぎる感じがするものだ。

意外に若者だけじゃなく上の年代層も『3月のライオン』を読んでいるということなのかなぁ。
まあ将棋好きの人なんかも読んでたりするのだろうし、幅広い年齢層にウケているということ?

まあ、個人的にもあかりさん好きだったりするので、「分かってるねぇ♪」とは思うけど。

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)


あと、5、6、7、8位くらいには、割と新しめの作品がラインナップしているようで、
この辺は多少納得できる並びになっている感じかもしれない。

ようやく若者票が食い込んできたかぁと、ちょっと感慨深いんじゃなかろうかと。

ただ、『ハイスコアガール』の大野さんがそんなに上位にくるもんなの? と、思わなくもないや。
そもそも、この作品の内容自体が人を選ぶ感じだと思うし、場違い感がハンパじゃないですな。

ま、そういう意味でも、それなりに偏りがあるランキングに思えてしまうものだ。

超ヒロイン戦記
超ヒロイン戦記
posted with amazlet at 14.02.23
バンダイナムコゲームス (2014-02-06)
売り上げランキング: 251









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation