売れている人気作家さんに対して、同業者から妬み嫉み僻みなどの
“負の感情”を抱かれるなんてことはよくあることなのでしょう。
「どうして私の努力は報われない?」と、どうしたって考えちゃうことだと思うし。

しかし、そういった感情を相手に分かるように吐き出してしまうとは、凄過ぎるとしか言いようがない。

【スポンサードリンク】


ハリポタ作者J・K・ローリングさんに同業者のやっかみ止まらず。「後進に道を譲れ!」

『ハリー・ポッター』シリーズは本も映画も世界中でメガヒット。年収約1億2500万ポンド(日本円で約212億円)とも言われ、作家ながら大富豪となっていたイギリスの女性児童文学作家J・K・ローリングさん。しかしどうしても同業者のやっかみを買ってしまうのであろう。新たな小説の執筆に意欲を燃やすローリングさんに対し、このほど推理小説を得意としている米女性作家リン・シェパードさんが、インターネット紙『Huffington Post』に“If JK Rowling Cares About Writing, She Should Stop Doing It”というタイトルで手記を寄せ、いい加減にペンを置くべきだと斬りつけた。

出版業界の現状と未来についてきちんと考えているのであれば、あなたはもう執筆活動をやめるべきです。子供たちに読ませたいような本を、個人的に楽しみながら書く分には誰も文句は言いません。でも大人向け小説の市場にまであなたがしゃしゃり出てくることは我慢なりません。

シェパードさんはローリングさんに対し、ハッキリと「そこまで富を築けばこれ以上稼ぐ必要もないでしょう。あとはリッチな隠居生活を楽しんで下さい。何しろ他の作家たちだって活躍したがっているのです。そうした後進に道を譲るべきです」と主張している。


外国ではこういう露骨な批判って当たり前にあることなんだろうか?
日本の感覚でいたら結構驚いてしまう、こちらではほとんど聞いたことがないもんなぁ。

正直、ローリングさんが執筆することと出版業界の未来がそんなに密接に関係しているとは
思えないので、なんだか無理矢理難癖をつけているようにしか見えない。

どこの業界だって競争するのは当たり前のことであって、
今回の発言というのは、もはや競争する前に白旗を揚げているようなものだから、
正直恥ずかしくないのか? と思えてならないや。


ましてや、文芸ファンというのは好きな作家さんからそんな簡単に離れていくものでも
ないと思うので、ちょっと心配し過ぎな気もしちゃうものだ。

おまけに、ローリングさんには『ハリー・ポッター』の著者というイメージが付き過ぎているから、
逆にそれがネックになっているということもあるので、読者の住み分けは問題なさそうに思う。


しかし、リン・シェパードさんとやらからしたら、ちょっとでも自分のファンが
ローリングさんに流れていくというのがほんとに許せないことなのだろうね。

これは出版業界の未来云々というよりも、
単に彼女がローリングさんを嫌っているようにしか思えないんですが……。

やっぱり「なんであんな作品が売れて私の作品が評価されないの!?」と思ってるクチなのかも。
要するに自分が自分の作品の一番のファンであることの裏返しなのかもな、今回の騒動は。


それにしても、このリン・シェパードさんというアメリカの作家さんはどういう人なんだ?
と思ってネット検索してみるもよく分かりませんでした。

リン・シェパード – Google 検索

上記のようなワードで調べてみたものの、シェパード犬の事ばかり出てくるし。
日本では彼女の作品は翻訳されていないということなのかも。

一体、リン・シェパードさんがどういった内容の作品を書いているのか気になってしまう。

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 1
J.K.ローリング
講談社 (2012-12-01)
売り上げランキング: 197,794







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation