以下は、ネットのニュースを読んでいてたまたま見つけた記事なんだけど、
ほんと芸能人の影響力の凄さをまざまざと思い知らされた感じがしてしまうものだ。

というか、くりぃむしちゅーの有田さんてミステリとか読むのですね、ちょっと意外だったかも。

【スポンサードリンク】


【オリコン】くりぃむ有田絶賛の小説が急上昇 発売10年で本格ブレイク

3/17付オリコン“本”ランキング文庫部門では、10年前に発表されたミステリー小説が初のTOP10入りを果たした。作品は乾くるみ『イニシエーション・ラブ』(2007年4月10日発売・文藝春秋)で、週間売上1.6万部を売り上げ、100位圏外から8位に急上昇した。

同作は、2004年4月に発表され「必ず2度読みたくなる」と絶賛されたミステリーで、文庫版は2007年4月に発売。先週3日に人気バラエティー番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)内で、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が「最高傑作のミステリー」と絶賛したことをきっかけに、翌日から急上昇。初TOP10入りに繋がった。


有田さんが本をちょっと絶賛しただけで100位圏外から8位にまで売上があがっちゃうのか。

くりぃむしちゅー自体が、もう一時の勢いは無くなっていると思うものの、
まだまだ人気に衰えはないということなのかもしれない。

まあ世の中には、読む本を自分で決められない、何を読んでいいのか分からないという人も
それなりにいると思うので、こういう切っ掛けで本が売れるのも悪くはないのでしょう。


とはいえ、『イニシエーション・ラブ』が最高傑作のミステリーですか。
僕自身も4年くらい前に読んだけど、そこまで絶賛されるほどではないと思ったけどなぁ。


イニシエーション・ラブ (文春文庫)


確かにトリックには驚かされた。でも、物語自体はそこまで面白くないと思うんだよね。
読後にネット等でネタバレを知ったときにカタルシスは得られると思うけど、
ほんとそれだけな気がする。


ちなみに、現時点でAmazonの書籍ランキングでは1位になっているみたいです。

有田さんの発言で売れて、さらに上のオリコン・ランキング記事で有田発言を知って
またまた売れるというパターンに入ったということなのでしょう、著者大喜びですな。

ま、これから読もうと思う人はそこまで期待せずに読んだ方が楽しめると思う。
確かに傑作は傑作だと思うけど、人を選ぶ感じなんじゃなかろうかと。


>3/24追記。

なんとなく有田さんのWikiを見てみたんだけど、割とアニメやゲームも好きなんだそうな。


有田哲平 – Wikipedia

TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の大ファンで、『アメトーーク!』に「エヴァンゲリオン芸人」として出演した事もある(2008年4月24日放送)。

いわゆるヘビーゲーマー。『オールナイトニッポン』等で、ゲームソフト『実況パワフルプロ野球9』(コナミ)の「サクセスモード」について熱く語っていた事があり、『パワプロクンポケット7』には有田をモデルにした「有田修吾」というキャラクターが登場した。また、定期的にオールナイトニッポンのスタッフ達を集めてパワプロ大会を行っているという。しかし、実際の野球にはあまり興味が無い上に疎い。

龍が如く』(セガ)に関しては、同番組で面白いゲームであると太鼓判を押したため、本人が知らない内に「くりぃむしちゅー有田も大絶賛」というキャッチコピーを付けられていた。後にマネージャー大橋によりその仕事を引き受けていたことが判明した。


新世紀エヴァンゲリオン TV版 プラチナ コンプリート DVD-BOX (全26話+ディレクターズカット版4話, 660分) [DVD] [Import] 実況パワフルプロ野球2013 龍が如く 維新!


エヴァが好きだという話は以前テレビ番組等で聞いたことがあったけれど、
ゲームをやるというのはちょっと意外だったかもしれない。

実際の野球に興味がないのにパワプロが大好きというのも凄すぎる。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation