★2008年12月9日の記事を再掲

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡これを読めば、宮崎駿のバックグラウンドを垣間見ることができる。子供向けの楽しい映画を作っている好々爺だと思ってたけど、それは仮の姿だったんだね。かなりの思想をお持ちのようで……。

まあ、その思想傾向がどうであれ、自分の中に芯となる太いものが一本あるのとないとじゃ大違いだとは思う。ましてや表現者ともなると、何を発信していきたいか見失わないためにも必要だろう。

【スポンサードリンク】


彼の作品の中では「紅の豚」や「もののけ姫」に、そういった思想めいたものが色濃く出ているんじゃないだろうか。ソ連やユーゴの崩壊しかり、日本中世への歴史観しかり。

それから、このインタビュアーの渋谷陽一という方が結構スゴイ。かなり突っ込んだ質問を振っている、時には喧嘩腰でw それだけ彼は宮崎作品を深く理解している、ないしはその努力をしているのが伝わってきた。


あと、エヴァの庵野秀明は宮崎駿の愛弟子なのですね、これは全く知らなかった。宮崎駿曰くエヴァは「三分と観られない」みたいですが……。まあ、普通に考えたら、お爺さんという年齢の方がエヴァを見たところで楽しめるか? と問われたら、厳しいかもしれないなとは思ってしまうけれど(その人の好みの問題は無視して)

そもそも、宮崎さんの場合は、アニメが好きでアニメ監督になったというよりは、自分の表現方法がたまたまアニメだったという感じの人なんだとは思います。


何というか、この本は何かクリエイティブな趣味や仕事をしている人が読むと良いような気がするものだ。必ず向上心が湧いてくること請け合い。







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation