ジャコ・パストリアスの肖像
★2008年12月10日の記事を再掲

初めて彼の演奏を聴いた時、ほんとに衝撃を受けた。え? これってベースなの? っていうくらい。普通ベースというと、バンドの大黒柱的存在で、自己主張せずどっしり構えてるものだとそれまで思っていた。

だけども彼は、そんなステレオタイプなものとは全然違っている。ベースがバンドサウンドの中でメイン楽器としてやっていけるというのを、彼の登場を持って教えてくれたというわけだ。

彼が登場してなかったら、今現在のベースサウンドは全く異なっていたと言っても過言ではない。そのくらい大きな存在。

【スポンサードリンク】


そんな彼は自分自身のことを、「世界一のベーシスト」と言っていた。彼だからこそそう言っても許されることだし、現在でもそう思っている人は沢山いる。

それだけに、彼の転落の人生は悲しいものがあるね。特に彼の死に至った経緯というものは、悲惨すぎてファンなら読むに耐えないだろう。なんとか救えなかったものだろうか。思ってもしょうがないことだけど…。

ジャコを愛してしまった人は必読、絶対読むべし。というか、言わなくても読んでるよね。興味を持った人は、まずCDを聴いてみて下さいな。





それにしても、エレキベースのフレットを取っ払って演奏を始めたのって、ジャコが始めてなのだろうか? 誰かからの影響があってやり始めたことなの?? その辺がちょっと気になってしまった。

完全に彼のオリジナルなことなのだとしたら凄いことだよね。まあ、フレットレスベースに影響を受けたのは分かりきった事ではあるけれど、それを自分でフレットを抜いてエレキで再現しようだなんて普通は思わないことなような気がする。

昔の人は、割と楽器を自ら改造することに躊躇なかったんだなぁと、少し感慨深いものだ(ジミヘンなんかも自分で勝手に左利き用にギターを改造していたわけだし)


まあ、今ほど楽器の種類も多くはなかったのだろうし、楽器店というのも限られていそうだから、それなら「自分の楽器は自分の思うように調整してしまおう!」と考える人も少なくなかったのかも。

とはいえ、楽器ってそれなりにお高いものだからなぁ。初心者用の1万円以下の楽器みたいなのが昔にあったとは思えないので、高い楽器を自分で改造して再起不能にしてしまった人もいたんじゃなかろうか、たぶん。

そう考えると、フレットを抜いただけのジャコはともかくとして、ジミヘンは右利きの物を左利き用に改造って結構工程も多そうだし、よくやったものだよね(当然、売れてからはエンジニアさんが請け負ったりしていたのだろうけど)


ジャコ・パストリアスの肖像 (立東舎文庫)
ビル・ミルコウスキー
立東舎
売り上げランキング: 497,412


人生で大切なことは半分ジミヘンに教わった「ジミ・ヘンドリクス 鏡ばりの部屋」(チャールズ・R・クロス)








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation