北村薫の創作表現講義
★2008年12月12日の記事を再掲

何はさておき、この本に付けてある帯の文句がスゴイ。「この本の面白さがわかる人は小説が書けます」と、宮部みゆきが言葉を寄せているのだ。

たぶんこの文句を読んで、本書を思わず買っちゃった人も多いんじゃないかなぁ。かくいう僕もそうだけど。エンタメの女王が言うんだから、買おうじゃないかという説得力がある。

確かに、内容としては至れり尽くせりな感じだと思う。「書きたいことは何か」「創作の糸口を見つける」「連想する、想像して創造する」「視点と文体」「伝えるということ」「独自の表現」などなど、物書き初心者が知りたいと思うことが、ちゃんと言及されている。


【スポンサードリンク】


正直、講義を受けた学生さん達のことを羨ましく感じてしまう。現役の書籍編集者による業界の話などもすごく興味深かった。小説の新人賞を狙っている人なんかは読んでおくべきかもなぁ。すごく貴重なお話。

実際、僕も今年の春から小説を書き始めてるので、すごく勉強になったと。やっとこさ100枚程度のものを書けるようになったレベルだから、今はどんな本でもお手本対象なんだよね。


ほー、ほー、なるほどーってな感じで発見の連続で、結構楽しい。書くようになる前と、書くようになった後では、本自体の読み方もずいぶん変わったと思う。多少分析しながら読むようになったかな。

そういうのって、楽しめて本を読めてないんじゃないかと思われるけど、そんなことはなくて、色んな意味で深読みが出来て楽しいよ。小説に興味がある人は、今すぐ書き始めたらいいよ、なんでもいいから。一行から始めよう。


>追記。

ブログを書くようになってから、「文章を書く欲」というものが完全に満たされてしまったので、気づけば全く小説を書くことがなくなってしまった。これが良いことなのか悪いことなのか、ちょっと自分には判断できないけど、文章を書くこと自体は生活の一部になったというのは良かったのかもしれない。

息を吸うかのごとく文章を書くまではいかないものの、すらすらと自分の思うことを文章化出来るようになったのは書き続けているおかげなのでしょう。

自分が今まさに感じていることを文章化するというのは、慣れていないと本当に出来ないことだと思うので、続けていくことに意義がある。ある種、筋トレと同じ。やらなくなると衰えてしまうから、これからも書きまくっていきたいものです。

(書いている途中、重複表現が出てきちゃうと「類語」を調べたりするので、語彙も増えていると信じたいものだ。あと、文体が不安定なのが悩ましい)











LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation