★2008年12月16日の記事を再掲

ファンク 人物、歴史そしてワンネス人と音楽の話をした時、どういうジャンルが好きかと聞かれて「ファンクが好き」って答えると、大抵の人に「え? パンク?」であったり「パンクじゃなくてファンク? どんな音楽なの?」であったり「あー激しい音楽が好きなんだねぇ」とか言われるのが当たり前になってたりする。

これはもうファンク好きからしたら、悲しすぎてしょうがない。ここまでファンクって世間に認知されてないのかぁ~と切なくなってくるものだ(まあ実際、和製ファンクを想像してもすぐには想起できないから仕方がないことなんだけど)

【スポンサードリンク】


正直、どんな音楽かと聞かれても結構困ってしまう。簡単には説明が出来ない。だって、ファンクは音楽のジャンルというよりはもはやカルチャーなんだから。あらゆる分野から、ファンク的なものは現れてきている。

ジョン・レノンだって「黒人音楽は人生そのものだ」と言ってたりするし、ほんとにファンクというものは生き方なんだよね、うん。70年代の黒人の若者達は皆「ファンキーになりたい!」と叫んでいたんだ。


だからこそこの本は、ファンクが好きな人にぜひとも読んでもらいたい。ファンクの歴史や文化や思想が、この本には詰まっている。

「ファンクって何? パンクとは違うの?」と言ってしまう人には残念ながら向かない書籍なのでしょう。ゼロから本書を読んでファンクが好きになるということは有り得るのかどうか、その辺は未知数過ぎて全く分かりません。





あと、ジョージ・クリントンの手記も必見。これを読んだ後に、ドス黒くて、ねちっこくて、いなたくて、アーシーで、最高にファンキーなサウンドに浸ってもらいたいものだ。






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation