庵野秀明のフタリシバイ―孤掌鳴難
★2009年1月4日の記事を再掲

僕が唯一好きなアニメがエヴァということもあり、本書を読んでみることにした。

10人と対談してるわけだけど、それぞれ対談する人によって内容の記述の仕方が、縦一段とか縦二段であったり、赤ペンの手書きで校正のチェックが入っていたり、横組みで黒地に白文字だったりもする。

まあ、凝ったつくりになってるとは思うけど、中には読みにくいものもあるので、そこは残念。でも、内容的にはマニアックで濃い内容で、読み応え有りだった。

【スポンサードリンク】


本書を読んでいると、庵野監督はほんと実写がやりたいんだなぁと、そういう想いが滲み出ているのを感じることが出来る。アニメーションに自分の限界を感じたりもしているらしいし、実写製作のスピーディ差が魅力的とのこと(まあ、エヴァで生みの苦しみをぞんぶんに味わったからこその発言なのでしょう)

僕は庵野監督の映画作品は「ラブ&ポップ」と「式日」を、彼が手掛けているとは知らずに観たことがあるけれど、どちらも原作があるものなのでどう評価していいのやら解らなかったというのが本音だったり。

「ラブ&ポップ」はもう二度と観ることはないだろうけど(援○交際などを扱っているし)、「式日」に関しては世界観は割と好きだったかもしれない、後半は結構オドロオドロしいけれど……。


ラブ&ポップ SR版 [DVD] 式日 [DVD]


本書の中で、彼は「これから先、日本もアニメ作ってる場合じゃないかもしれない」とか言ってるけれど、今現在劇場版エヴァンゲリオンを製作しているという、なんたる皮肉。

勉強熱心なのはすごく伝わってくるんだけどなぁ。この対談当時はテレビ版エヴァとかを作り終えた後なので、アニメに関してはちょっぴりやり切った感があったのかも、なんとなく。


それにしても、次のエヴァの映画はいつ公開なんだろうか、僕は円盤待ちだけれど。そもそも新劇場版を製作して再構築する必要ってあったのかなぁ? その辺が気になってしまう。旧劇場版を見る限り、製作者サイドに消化不良感なんてなさそうなのに、どういうことなのやら……。

消費者サイドにそれを望む声があったということなの? もしくは、配給会社とかから天の一声があったとか?? 正直、小銭稼ぎしようと思っても、あまりに製作期間が長過ぎなので、全く用を成していないんじゃなかろうか、そんな気がする(庵野さんのライフワークとして鑑みても、産みの苦しみが凄過ぎて何とも言えません)


庵野秀明のフタリシバイ―孤掌鳴難
庵野 秀明
徳間書店
売り上げランキング: 480,899


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」観たよ、シンジくんと同じくこちらも浦島太郎状態に








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation