カプコンデザインワークス
★2009年1月6日の記事を再掲

完全に衝動買いしました。いやぁ~でも買って良かった。

スト2とかヴァンパイアなどのイラストを見ると、ほんと懐かしい気分になってるくる。高校生くらいまではカプコンの格ゲーってよくやってたもん(主にゲームセンターで)

初期のゲーム(ストZERO2あたりまで?)のポスターとかは、絵具で手描きだったみたいで、当然といえば当然なんだけど改めてスゴイなぁと思った。やっぱり手書きならでは温かみを感じる。

【スポンサードリンク】


ALL ABOUTカプコン対戦格闘ゲーム1987‐2000 (A.A.GAME HISTORY SERIES)それにしても、このイラストを描いてる人達ってフリーではなくカプコンの社員だったんだね。イラストレーターとして社員登用されてるってのは、安定してて良い気がする。

他のゲームメーカーも皆そうなのかな? カプコンのデザイン室がどんな感じか写真で載ってたり、スタッフの一日の行動なんかも載ってて結構楽しいものです。

あと、「ALL ABOUT カプコン対戦格闘ゲーム1987-2000」っていう本もちょっと気になってしまった。


それにしても、「ヴァンパイア」の新作とか発表されないのだろうか? もうカプコンの格ゲーは「ストリートファイター」シリーズで一本化されちゃったのかなぁ。そうだとしたら非常に残念なんですが。

まあ、「ヴァンパイア」は海外ウケがあまりよろしくないという話を聞いたことがあるので(キャラの動きがクレイジーって言われてるんだっけ?)、今の時代国内向けだけでは売り上げ的に厳しいのかもしれない。

たぶん、ゲームセンター自体も街中からどんどん減っていっているのだろうし、アーケード展開したところで人の目に触れにくいという現状もあるのでしょう(かといって、コンソール・オンリーにしたところで黒字に持っていけるのかどうか……)


何というか、海外に視野に置けない作品はどんどんオワコン化されていくというのが結構切ないですな。まあ、どこのゲーム会社でもそういうのが現状なのだろうけど。

でも、逆に国内ユーザーのことを度外視して、完全に海外視点で製作したほうが作りやすいという点もあったりするんだろうね? 日本のゲーマーはちょっとしたことで作品批判して一気に広めちゃうから、ゲーム会社からしたら嫌な顧客だというのは否めない。

その点、海外ゲーマーは良いところをちゃんと見て評価してくれそうな印象があるから、「まずは海外展開でいこう」となっていきそうなのが想像に難くないです(とはいえ、日本の作品って、あんまり練られていないのにフルプライスで売ったりする作品も多いから何とも言えない)


カプコンデザインワークス
ファミ通書籍編集部
カプコン
売り上げランキング: 307,665


PS「ストリートファイターZERO3」プレイ感想(1)、初代PS版なのに思いのほかドットが綺麗で目に馴染む!(格ゲーはやっぱりドットだよね)








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation