容疑者Xの献身
★2009年1月12日の記事を再掲

映画化もされてバカ売れしてるみたいなので、正直僕まで読まなくてもいいかなと思ってたんだけど、どうにも気になってしまい読んでみた。

ガリレオシリーズというのは初めて読む。東野圭吾作品としては「手紙」に次いで二作品目。第一印象は相変わらず文章が硬いなぁと感じた、まあこれは読んでるうちに慣れてきたけどね。

うん、まあ普通のミステリー作品でした。なんでここまで絶賛されているのかがよくわからなかったけど。いや、面白くないわけじゃないよ、普通に面白いと思う。

【スポンサードリンク】


ただトリックなんかも平凡なんだよね。いわゆる入れ替えトリックってやつなのかなぁ? これは常套手段だよ。それに石神が靖子のことが好きだとはいえ、それまでろくに喋ったことがない人のために、そこまでのことが出来たとは到底信じられない。

大のミステリーファンが読んだら、ここまでの高評価にはならないでしょう。でも、読みやすさという点では評価できるんじゃないかなぁ(そのくらいしか良さを感じない)


湯川先生に関しても、彼が自分から進んで事件に絡んでいっているという点なんかも、結構なご都合主義的に見えてしまった。なかなかこういったタイプの探偵役って他のミステリー作品にはいないね。

しかも彼の“最初の”推理で、一発で事件の真相を看破してしまうし……。ミステリー小説をあまり読まない初心者には、解り易くて良いのかもしれない。


容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]あと、映画が早くもDVD化されたみたい。発売はまだ先だけど。それにしても石神役が堤真一ってのはどうかと思うなぁ。富樫役の長塚圭史と入れ替えた方が、まだイメージ合ってた気がする。

いやぁ~なんか結構辛口な感じになってしまった。普段あんまり辛口書評はしないんだけど、売れてる作品なんだから別に言いたい放題言ってもいいでしょう。すでに評価があらかた決まっているわけだから、何を言ったとしてもくつがえることはない、そういう安心感もあるっちゃあるのかもしれないね。

ま、そもそも有名な書評家の方ぐらいしか、その作品の評価を覆らすことは出来ないわけだし、一般読者は好き勝手なことを言ってもいいと思うんだ。本当にこの文章が読まれているかも分からない、読まれたとしても最初のほうだけの可能性が非常に高い。そう思うとある種気が楽ですな(アンチが湧きにくいので)


容疑者Xの献身 (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 4,347


アンジャッシュ・渡部建「読書しないヤツほど家にあるのが東野圭吾、絶対に読んでない!」








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation