★2009年2月14日の記事を再掲

罪と罰 1 (アクションコミックス)ドストエフスキー好きなのでずっと気になってたんだけど、ようやく読む事が出来た。

うん、なんか本書・主人公弥勒の思想と、原作・主人公ラスコーリニコフのナポレオン思想とはちょっと赴き違うように感じるね。なんだか弥勒の方がより人間臭く描かれている感じがする。

【スポンサードリンク】


俺は姉さんが思っているようなダメ人間じゃない……! 他人に立たせてもらわなくても自分の道を自分で歩いて行けるんだ――! だけどどうやって――!?


ここ、絶対笑うでしょw ラスコーリニコフっぽくはないなぁ。


とりあえず、本書の登場人物が原作の誰にあたるのか照らし合わせてみた。


裁 弥勒(たち みろく)…………ラスコーリニコフ
裁 喜乃(たち よしの)…………ドゥーニャ
馬場 光(ばば ひかる)…………アリョーナ・イワーノヴナ
島津 里沙(しまづ りさ)…………リザヴェータ・イワーノヴナ
首藤 魁(すどう かい)…………スヴィドリガイロフ
五位 蔵人(ごい くろうど)…………ポルフィーリー
矢住 (やずみ)…………ラズミーヒン


こんな感じなんだろうね。


本書だと島津里沙が○○交際してたりするから、てっきり彼女がソーニャ役だと思って読み進めてたんだけど違ってたね。思いっきり主人公に殺されちゃうから正直びっくりした。

そこでようやくリザヴェータ役だったんだなと解ったんだけど。3巻にチラッとだけソーニャ役らしき女の子が出てる。なんか原作とは完全に別物だと思って読んだ方がいいのかもなぁ。


罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)だけど、本書でもテーマとしては“人殺しの心理”を描いていくのには変わりないところだろう。実際に主人公・弥勒が執筆した“人殺しの心理”を描いた小説からも、話が色々と展開していくしね。

それらに関連して、スヴィドリガイロフ役の首藤が出てくるんだけど、彼が登場してから俄然面白くなったという印象。これからの展開に期待です。


原作の方も去年から新訳が刊行されているので、そっちも読みたくなってしまった。僕は岩波、新潮版で2回読んでるんだけど、それらと訳の比較をしてみるのも良いかも。







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation