All You Need Is Kill 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)特に映画版やライトノベル版に興味があったわけではないんだけど、書店でたまたま見掛けたという理由から衝動買いしてしまった。

まあ、絵が小畑健という点が一番の購入理由になったかもしれない。『デスノート』以来、彼の描く漫画って読んでいないので、現在どんな感じになっているのやら気になったのは確かかも。

【スポンサードリンク】


しかし、映画化されたということもあって、「世界が認めた名作」という触れ込みも時々目にするわけだけど、なんだか思った以上に普通な内容という印象を持ってしまう。

“ループ物”ということでSF色が濃いと思って手に取ったものの、どちらかと言えばかなりバトル漫画寄りな作品になっている感じですな。


もしかしたらラノベ版ではSFとバトルが上手いことバランスが取れているのかもしれないけれど、本書に限ってはバトル漫画として読んだ方が正しいのでしょう、そんな気がする。

人間模様といったものを描くよりかは、ほとんどバトルをしている感じだもんなぁ。まあ、物語自体の骨子が割とアッサリしているっぽいから、こうならざるを得ないという側面もあるのかもしれない。

そういうこともあってか、物語の展開も先が読めやすいので何とも言えません。主人公だけじゃなくリタ自身も○○○しているとかね、これは分かりやす過ぎでしょう。


でもまあ、最後の戦いは結構切ないものだ。まあ、ありがちと言えばあちがちな展開なんだけど、それでもやっぱり読んでいて心苦しい気分になってしまう。

著者の方は最初からこういう展開って考えていたんだろうか? 書き初めからどちらが死ぬとか予め決めてから書いていたのかなぁ。その辺がちょっと気になってしまった。


それにしても、戦闘ジャケットのデザインがあんまりカッコよく感じなかったです、個人的には。どうにもゴテゴテした(ガンダムの)ジムに見えて仕方がない。小畑ということで絵は上手いんだけど、ちょっと残念だったかも……。






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation