★2009年7月13日の記事を再掲

“文学少女”と月花を孕く水妖【ウンディーネ】 (ファミ通文庫)今回は、時系列的に言うと2巻の続きということらしい。夏休みのお話。なるほど、3巻でいきなり季節が秋だというのも可笑しいなぁと思ってたんだけど、1冊特別編が入ってくることになってたわけかぁ。

なんというか、かなりご都合主義な感じだね、今回。妖怪、巫女、伝説などなど今までの話と比べて、ものすごくライトノベルテイストな物語でもあるし。下敷きになっている小説(戯曲)は泉鏡花の「夜叉ヶ池」みたいなんだけど、そこからもかなりアイディアを引っ張ってきたり沢山引用したりで、やはり今までより趣を異にしているみたい。

【スポンサードリンク】


夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫)家とか血とかしがらみとか麻貴先輩が割りとメインぽいんだけど、遠子先輩とコノハとの絡みが一番の見せ場なんだろうね。今回は次の最終巻の予告にもなっているらしく、結構切ないことになってます。

本書の1ページ目を読んだだけでも、次は何かしら辛いことが起こるんだろうなぁと予想できるし。今までこのシリーズを読んできて薄々気付いてはいたけど、改めて示されると淋しい気持ちになるものだ。


物語の本筋以上に、遠子先輩とコノハの関係がどうなっちゃうんだろう? ということが気になってしまってしょうがなかったなぁ。遠子先輩の底抜けの明るさや、ふと見せる深刻な表情など、コノハ以上に読者の方が翻弄されてしまうと思う。気付いたら感情移入してたというわけかぁ、このシリーズに。

今回は物語自体やプロット的にも普通な感じだったんだけど、かなり衝撃的な事実も明かされてたりでそれなりに読み応えはありました。まあ、特別編だと考えればこんなものなのかも。


それにしても、流人と麻貴先輩はそうなのかぁ……何だかなぁという感じだね。5巻を読んだ後なので余計にそう感じるんだけど…。








Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation