★2009年12月16日の記事を再掲

それでも町は廻っている(4) (ヤングキングコミックス)今回は結構良いエピソードが揃っているという感じだね。警察官(松田優作がモデルらしい)や紺先輩との過去話はなかなか良かった。

みんな歩鳥に振り回されつつも、心の隙間を埋めてもらってるんだろうなぁ。素晴らしい関係性だと思う。

【スポンサードリンク】


宝探しの話もなかなか面白かった。なんか割とまともなミステリー作品に仕上がっているし、鬼保根村の村人の描写は秀逸。今更ながらに思ったけど、何気に絵が上手いですな。

ところで、なんでこの話だけ80ページもあったんだろう? カラーページも付いてたし。書き下ろしってことはないと思うんだけど…。


それから5巻になると、オカルト要素なんかも入れてきたね。どんどん色々と手を出し始めてるなぁ、まあ良いんじゃないでしょうか。不思議と世界観が崩れてる感じでもないし、上手いことマッチしてる気がする。


それにしても、この漫画って季節が変わるのが早い気がするんだけど、気のせいかなぁ。5巻の最初の話は冬なのに、中盤になるともう夏になってたりするんだよね。

連載してる雑誌が月刊誌だから、そうなっちゃうんだろうか? 単行本しか読んでない人間からしたら、「え、もう?」とかついつい思ってしまう。


あと、著者が身内で調査したというキャラクターの人気投票なんかも載ってました。結果は以下の通り。


1.歩鳥(5票)
2.紺先輩(2票)
3.亀井堂静(1票)


合計票数が少ないのはご愛嬌ってことでw なるほど、タッツンは入ってないのか。








Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation